商品カテゴリー

みんなのレビュー

『朧の森に棲む鬼 -special edition-』DVD

『朧の森に棲む鬼 -special edition-』DVD

 投稿者: 小豆さん

舌先三寸。 言葉によって狂わされ、運命に翻弄されるのは果たして周囲か男自身か… 妖しく美しい森に降り注ぐ雨の演出が幻惑的で、思...

続きを読む…

送料無料

エントレ

トップページ > 『七芒星』DVD > みんなのレビュー

お客様の声書き込み


レビュー数:8
おすすめLV:5.0

  •  2014/01/24  投稿者:みかんさん  おすすめレベル:★★★★★

    濃厚こってり新感線イズム!

    あーこれこれ!新感線はこうでなくっちゃ!という気持ちが溢れてくるお気に入りの作品。


    最近のキラキラド派手な公演もいいけれど、
    この頃の少年漫画をそのまま舞台に引っ張り出してきたかのような雰囲気は
    エンターテイメント大好きな新感線ファンにはたまらないハズ!

    腰に手をあて「アーッハッハ☆」
    ボケとツッコミならぬ、ボケとボケの応酬(!?)

    平成なのにどこか昭和を感じさせる(笑)新感線イズムに目が離せません・・・


    もちろんアクションシーンも満載!
    見るからに悪役より弱そうな主人公たちには、感情移入を通り越して
    親のような気持ちで応援してしまいました。

    強大すぎる敵を前に絶望する主人公たちがいかにして立ち上がり、向かってゆくのか。

    決して強くない!けれどだからこそ見える、仲間との絆、愛、そして己を奮い立たせる勇気。


    弱音吐いたっていいじゃないか、でも負けたくないって気持ちに嘘はつかない。

    自分に正直になることを思い出させてくれる、熱い一枚です!




     

  •  2011/07/10  投稿者:くまごろうさん  おすすめレベル:★★★★★

    深い意味のある味のある作品

    失礼な話かもしれないが、なんとなくDVD購入した後、なかなか観なかった作品。
    2008年正月を迎え、休み中に観ましたが、奥の深い作品です。
    結末を言うのは反則なのですが、単なる結末ではなく、奥深い。
    でも、結末までじっくり観れた作品です。

    出演者一人ひとりがいい味出してますね。
    面白ネタはあり、しんみりする場面もあり、いきなり懐かしい人に出会う場面もあり・・・

    ストーリーは非常に軽く観るつもりが、人間として奥深く考えさせられる作品でした。
    観終わった後、やっぱり新感線っていいなぁと感じた作品です。
    出演されている役者さんも素晴らしい♪
    是非、観たほうがいいです!

     

  •  2011/07/10  投稿者:茜雲さん  おすすめレベル:★★★★★

    ベタで何が悪い!

    伝説の英雄「七宝星」に劇団の看板&中堅役者。対する「七芒星」=枯れススキ(芒)のようなフツーの人たちに(当時でも実年齢は若い!ってわけでもない…)劇団若手役者たち。この構図を思いついた座付き作家もすごいが、それを絵にし、形にした演出家もやっぱりすごい。衣装・音・照明・美術、そして殺陣も、「新感線的」ベタな中華風。
    とにかく、「絵的」にすごい。
    「七宝星」の登場シーンや勢揃いシーンはめちゃめちゃカッコよく、絵的にナイス!
    対する「七芒星」達は、「絵的にキレイ」なシーンはあまりないんだけれど、実はそれが演出家の狙いかも?カッコ悪くても、ベタな台詞でも、不思議なことに「だからこそ」、心に響く。
    いい意味で、「劇団公演」らしい…「やりたかったこと」が伝わってくる、いい作品だと思う。
    DVDの編集もこの当時、まだ「カッコよすぎない」(…失礼かしら?)感じでこの作品にはそれが合っていると感じた。
    カッコよすぎない…なんて新感線的には褒めコトバじゃないかもしれないが、そこんところがかなり、イイんじゃない?!

     

  •  2011/07/10  投稿者:竜胆さん  おすすめレベル:★★★★★

    隠れキャラ・・永遠のガラスの十代(笑)

    英雄伝説の虚しさ、現実の重さを感じた話ですが、簡単には泣かせてくれない新感線。
    劇中鍵を握る老人の正体がファンにはお馴染みな眉毛が太いあの方で、そして舞う三十代の「ガラスの十代」本家も認める素晴しいダンス。卑怯だけど・・いいんじゃない(笑)
    買って損なしの一枚です!

     

  •  2011/07/10  投稿者:さん  おすすめレベル:★★★★★

    アニメみたい!

    私が『七芒星』を見て最初に思ったのは「アニメみたい!」です。
    “いのうえ歌舞伎”とあったので、「難しそう」と思っていたのですが、意外とすっきりした作品でした。
    笑いあり、涙ありで、繰り返し見れば見る程、新たな発見があります。輪剣の台詞には、心にぐっとくるような名言がいっぱいあります。
    新感線ならではの雰囲気も出ていて、すごく良いです。
    『七芒星』は、「買って損した」とは絶対に思いません。逆に、「買って良かった

     

  •  2011/07/10  投稿者:あらのさん  おすすめレベル:★★★★★

    観る人をとても励ますお芝居です!

    とにかく素晴らしいお芝居でした。
    役者さんたちの持ち味を十分に生かしきっていてパワーと腹の底からの笑いを感じます。
    物語も、人から賞賛されることは必ずしも幸福とは限らない、『(いのうえ版)天保十二年のシェイクスピア』と同様に、賞賛を浴びなくても地道に堅実に生きている一般庶民こそが本当のヒーローなのだということを訴えていて、大変励まされました。
    又、いわゆる“英霊思想”を徹底的に皮肉っているのも痛快極まりないです。
    人からの評価をつい気にしてしまう方、そして何より大いに笑いたい方にお勧めの一本です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:にん!さん  おすすめレベル:★★★★★

    敵役の魅力

    色々な話の上で敵役が強ければ強いほど、倒したときの魅力が高まるようなことをよく聞きますが、これほど敵役が強そうで怖い話はありません。
    全員が揃った上でバックライトで照らされたあの瞬間・・・鳥肌が立つような思いでした。ほんとにこっちの人たちは勝つんだろうか・・・とても心配で心細かったです。最後の最後までドキドキ感が持続するそんなお芝居でした。
    そんな中での見所は、光GENJIの復活でしょうか?!いえいえ、それ以上にどんどん成長するこっちの人たちがとってもかっこいいですよ。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ひろりんさん  おすすめレベル:★★★★★

    オレも一緒に戦いたい!

    DVD映像化作品の中では、珍しい中華をテイストとした世界観だ。
    見所は、まるでアイドルグループかのごとく新世代=ヤングと旧世代=アダルトの7人vs7人に別れての熾烈な戦いである。
    ヤングチームには、佐藤アツヒロ、奥菜恵ら率いる新世代の7人
    アダルトチームよろしく旧世代となる悪の軍団を新感線レギュラーメンバーが演ずる!
    この新旧のぶつかり合いこそが七芒星の醍醐味である。
    圧倒的パワーを誇るアダルトチームに立ち向かう、若き七人の姿は熱くならずにはいられない!
    ジュブナイルの香りをほのかに感じさせるこの作品は、時に熱く時に清々しく、そしてせつなさを見事に描いた冒険活劇なのだ!
    迷ったら買え!買って後悔しろ!

     

PAGE TOPに戻る


営業日について

2020年 7月
smtwtfs
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2020年 8月
smtwtfs
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
モバイルサイト

お支払い方法

お支払い可能一覧

セキュリティについて

SSL GMOグローバルサインのサイトシール 当サイトでは、必要に応じてSSLで情報を暗号化し保護しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。個人情報の取扱いにつきましては「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • 初めてご利用する方へ
  • お買い物ガイド

Copyright(C)Village Inc. All rights reserved.