商品カテゴリー

みんなのレビュー

『メタルマクベス』DVD

『メタルマクベス』DVD

 投稿者: ベス子さん

DVDって俳優さん達の細かな表情まで観られるし、 テレビの質もプレイヤーの質もよくなったので家のテレビ でもすっかり生の気分で...

続きを読む…

送料無料

TEL

エントレ

お客様の声書き込み


レビュー数:74
おすすめLV:5.0

  •  2017/03/08  投稿者:しまごまさん  おすすめレベル:★★★★★

    見なきゃ損です!!

    最近上川さんのファンになった者ですが、これはファンの方なら見て損はありません。
    絶対得します!!
    特に上川さんの一つ一つのセリフにも心を揺さぶられます。
    殺陣のシーンは圧巻で鳥肌が立ちます!!
    また、堺雅人さん演じるサジも見逃せません。
    サジを見て堺さんも好きになりました。
    とにかく笑顔で斬りまくる、その演技にぞくっとします。
    この作品がきっかけで舞台やお芝居にはまりましたし、新感線の舞台が大好きになりました。
    この作品を見て、明日も頑張ろうと思えるはずです。
    迷っている方がいらっしゃれば、ぜひ買ってみてほしいです!

     

  •  2016/08/01  投稿者:けろりんぱさん  おすすめレベル:★★★★★

    《絶対に面白い》いのうえ歌舞伎を見たいならこれ。

    白髪の復讐鬼、微笑みの暗殺者、影ある美剣士、傷心の女王、裏切りと復讐、愛と憎しみ、正義と悪!これが面白く無いはずがない!

     

  •  2014/12/31  投稿者:ちひろううりさん  おすすめレベル:★★★★★

    「蛮幽鬼」「一滴の愛」とは?

    昨年のゲキシネレパートリー上映で見た「蛮幽鬼」が忘れられず、
    自分へのクリスマスプレゼントに購入しました。

    豪華キャストの競演、
    凝った舞台装置がキャストを演出する「蛮幽鬼」
    ドラマや映画とはまた違う俳優さんの顔が見られます。

    堺雅人さん演じるサジの不気味な笑顔のとりこになるか?
    上川隆也さん演じる伊達土門の男らしさに惹かれるか?
    稲森いずみさん演じる美古都の美しさに見とれるか?
    当時まだ17歳という早乙女太一さんの舞は
    一見の価値ありです!

    本編は「復讐劇」とあるように、
    またパッケージからも暗い印象を受けるかと思います。
    しかしながらも、
    劇団員さんの明るさやボケがつまっているところが
    やはり劇団☆新感線 。(高田聖子さん、大好きです!)
    明と暗がはっきりしているところも魅力です。


    そしてDVDですから、お家で何度も見てください。
    舞台後半、堺雅人さん演じるサジがある仕掛けを・・・?
    特典映像も素晴らしいです。
    幾つもの舞台装置の裏側に迫ることができたり、
    劇団員さんの築地食べ歩きでほっこりしたり(本作の裏話も?)

    見れば見るほど「いのうえ歌舞伎」には珍しい、
    挿入歌「一滴の愛」の意味を味わうことができるのではないでしょうか。
    その他にも「蛮幽鬼のテーマ」の素晴らしさは、
    本作を見た人なら誰もが共感できるはずです。


    1月に舞台「真田十勇士」を控えている方、
    来月から上川さんが毎週テレビで見れず悲しい方
    (去り際、かっこよかったですね・・・)
    白柴「お父さん」と独特の雰囲気をかもし出す堺さんの違う一面を見てみたい方はもちろん、
    舞台ファンならずとも
    たくさんの方におすすめしたい作品です!

    2015年、
    寒い冬をいつもと違った形で乗り切ってみませんか。

     

  •  2014/05/08  投稿者:ビタミンアーティストさん  おすすめレベル:★★★★★

    これは永久保存版!

    とにかく殺陣がすごい!!

    上川さんの力強い殺陣、堺さんの鋭い殺陣、太一君の舞の様な優美な殺陣・・・
    その三者三様の殺陣が相まって心が躍る見せ場が山盛りです。

    特に大好きな堺さんが体中にテーピングをし、日増しにマッチョになっていったという、
    練習に練習を重ねた殺陣は本当に見ごたえがあります。(←ファン目線)

    おまけに激しい殺陣の最中には結構セリフがある上、
    サジ特有の笑顔も作り大変なはずなのに殺陣が終わっても息を乱さない!
    堺さんの役者魂を堪能させていただきました❤

    他の役者さん達も皆、良かった!本当に良かった!
    笑いあり、涙ありであっという間の3時間。
    挿入歌が効果的に使われていていつまでも耳に残り
    映像が頭の中から離れません。

    今度は是非、サジと刀衣の楼蘭族編のスピンオフをお願いできたら嬉しいですね。

     

  •  2014/05/01  投稿者:じゅんこさん  おすすめレベル:★★★★★

    大切なひとのために

    見終わった時、とても切なくて何とも言えない気持ちになった。
    壮大な抒情詩を見せてもらった気分だった。

    映像で観る蛮幽鬼は舞台で観る情景とはまた違った迫力があり
    役者の細かい表情や仕草までわかりまた新たな発見がある。

    主演の上川隆也は抜群の安定感と存在感をみせ、
    この人は立ち姿が本当に美しいなあと思わせる。
    悪役を演じても何故か凛とした清潔感がある。
    最後に美古都に「この牢獄から解き放ってくれ」という場面は
    苦しかった土門の心がやっとやすらげるのだと
    悲劇的な結末にもよかったと思わせる珠玉の場面だと思う。

    対して堺雅人の演じるサジはこれ本当に堺雅人と思わせるくらい
    普段の彼からは創造もつかない激しい動きの殺陣とたたみかけるせりふ回しで驚く。
    稽古で吐き気がしたというのもうなずける。是非多くの人に観てほしい。

    早乙女太一も女形あり、激しい殺陣で彼の魅力を存分に魅せてくれる。
    美古都を守るためサジと戦い、愛するもののために倒れていく。

    本当にそれぞれすばらしいキャステイングだと思う。
    最後の戦いの場面で流れる主題歌もすばらしい。
    再演してほしい。

    でもDVDがあれば何度も観ることができるのはありがたい。
    しかもおまけのDVDがまたとても面白くて。

    上川さんや堺さんの素敵な笑顔のインタビューや舞台裏の映像は本当にうれしい限り。
    舞台が重い内容だっただけにかなりほっとし、エピソードも盛りだくさんで
    ますます本編を楽しく観ることができること間違いなし。
    スペシャルエディションのほうが絶対いいよ。

    でもまた上川さん歌ってた。
    さすがに真田では歌はなかったものの乾いた太陽でも歌ってた。歌いるかなあ?
    脱線してすみません。

    でも本当に素敵な映像だから。おすすめですよ。

     

  •  2013/09/27  投稿者:mameさん  おすすめレベル:★★★★★

    心が震えます。

    なんせタイトルが出る瞬間のさぶいぼ具合ったらありません。

    上川さんの執念。堺さんの恐ろしすぎる笑顔。
    舞台の上って絶対にそんなに見えないのに
    しっかり涙の演技をする稲森さん。
    客演の方々はみなさんもちろん素晴らしいですが
    劇団員さん達の脇の固め方もすごいです。
    ほんとにすごい!

    個人的に聖子さんのラストシーンで毎回号泣します。
    右近さん演じる大王も素敵です。
    シャウトが聞けないのは残念でしたが(笑)、それは
    別作品で楽しむとして。

    見終わった後は、ただただ放心あるのみ。
    でもそのエネルギーに身をまかせるのもまた一興かと。
    できれば次の日お休みの日に見たほうがいいと思います(笑)。

     

  •  2013/08/27  投稿者:ばんちゃんさん  おすすめレベル:★★★★★

    堺雅人さん以外の見どころ

    新感線作品は、オープニングとクライマックスシーンがスペクタクルで、
    個人的には大好きなのですが、この作品は特にクライマックスシーンに注目してほしいです!

    新感線のクライマックスといえば大立ち回りが見どころですが、本作でもそれは健在。
    上川隆也さんの大振りな力強い刀捌きに、早乙女太一君の舞のように美しい殺陣のぶつかり合いは見事です。

    そして、その激しい立ち回りシーンで流れる曲が絶品!
    何と、切ない曲調のバラードなのです!


    岡崎司さん作曲の叙情たっぷりの曲調に、
    ヒロイン・美古都(稲森いずみさん)の心情を現した哀切で美しいリリック。


    そして、それを表現する森奈みはるさんの歌声が素晴らしい。


    澄み渡るような声で、時に力強く、時に哀しく、美古都の心情とオーバーラップして、
    涙なしには見られません!


    『髑髏城の七人』の百人斬りのような激しい曲調もかっこよくて大好きですが、
    この作品ではバラードで大立ち回りという一見アンバランスに感じるのですが、
    作品世界と相まって、すごい盛り上がるシーンになっていると思います。


    ぜひ観て欲しい1作です。

     

  •  2013/04/05  投稿者:ゆえさん  おすすめレベル:★★★★★

    しびれました

    堺雅人さん目当てで購入しましたが、はまりました。
    舞台生で見たかったー

    でも、カメラワークが絶妙で上川さんや堺さんの表情やしぐさを際立たせ、切なく美しい物語に入り込めました。

    堺さんがあんな激しい殺陣をこなすなんてびっくり。
    特典映像は楽しく堺さんの努力の裏側を知れてますますファンになりました。

    劇団の俳優さんたちもすごい。
    なんで今まで知らなかったのーと叫びたいです。

    DVD買ってよかった。
    ありがとうございます。
    イーオシバイさんいい仕事してますね。

    おかげで私の財布の中身がー減る。(笑い)

     

  •  2013/01/12  投稿者:はなさん  おすすめレベル:★★★★★

    ゲキ×シネというジャンル

    ゲキ×シネというジャンルを初めて知ったのが、この作品です。
    およそ舞台では見られない役者さん達の表情がアップで見られるのが嬉しいです。

    とくに、堺さん演じる「サジと名乗る男」の笑顔は残酷なのに美しい。
    あれ程の殺陣を笑顔でこなしているのは、堺さんの努力の賜物に他ならないと思います。

    いのうえ歌舞伎のファンになりました。
    あっという間の3時間です。
    特典映像も盛りだくさんで、キャストインタビューや舞台裏など大いに楽しめます。


     

  •  2012/11/07  投稿者:mooncalfさん  おすすめレベル:★★★★★

    買って良かった!

    決して安くはない値段の為、買おうかどうか悩みました。
    舞台・ゲキシネとも見逃してしまっていたので見たい気持ちが勝ちました。

    ストーリー自体はシリアスで切ないものですが、ちゃんと笑いあり、涙あり、歌あり、
    心に響く仕上がりです。

    上川さんは予想通りのパワフルで確かな演技でした。
    声量もすごいです。

    堺さんは狂気が垣間見えるような冷たい笑顔を終始浮かべているのですが、
    暗殺者の空気をうまく醸しだしています。

    稲森さんも、繊細さと気丈さを持った魅力的な女性を演じていました。
    見た目はすごく華奢なのに、とても堂々とした所作でした。

    もちろん、新感線のメンバーはいつも通りバッチリと脇を固めており、
    しっかり個性を発揮しています。

    私が最も心に残ったのは、早乙女さんです。
    方白役では美しい舞と女形に魅了され、刀衣役では忠義と孤高の剣士としての凛とした佇まい、見事な殺陣をこなしています。
    舞うような優雅さと、俊敏な力強さが際立つ殺陣でした。

    アクションものが好きで、ストイックなキャラが好みの私としては、
    この作品は本当に良かったです。
    最後のシーンも、音楽と殺陣と効果音が絶妙のタイミングで心に染みました。

    見ごたえはたっぷりです。
    特典映像も、隠し要素を含めて楽しめましたので、
    どうせ購入するなら特典付きをお勧めします。

     

  •  2012/01/31  投稿者:ひばるさん  おすすめレベル:★★★★★

    ゲキ×シネ その魅力

    初めて観たゲキ×シネでした。
    ゲキ×シネってのは、映画館で同時に大人数でDVD観ることで
    生の舞台の客席の空気を疑似的に再現しようとする試みだと思ってたんですが、
    全然違いました。

    例えばアップのシーンが多いです。
    すると映画っぽく――元から映像化のために作られたように観えてきます。
    それゆえに演劇を映像で観たときの物足りなさはなく、ぐぐっと内容に集中できます。
    映画でもなく舞台でもない、まさにこれはゲキ×シネという新ジャンル。

    そして肝心の内容ですが、大河ドラマの重厚さに、漫画っぽさを付与した骨太の物語です。
    漫画っぽさというのは、例えば堺雅人さん演じるサジという男のキャラクター。
    「常に笑みを絶やさない凄腕の殺し屋」という、この上なく漫画チックな設定です。
    初めて観たときは、こんな漫画っぽくていいの!?と思うと同時に、わくわくしました。
    こんな風な演劇もあるんだ!と。
    これが漫画なら普通だけど、実写(いや、舞台)で成立させているのが凄い。

    上川さんや堺さん、太一くんの名前が良く上がりますが
    個人的に一押しなのは、右近さん演じる大王。
    はじめはコメディタッチのギャグ要因かと思いきや、
    その清くて強いキャラクターに揺さぶられます。
    それゆえに、しみじみと切ない。
    容姿ではなくその心が、ああ美しいな、と
    そう思ったキャラクターです。

    観終わった後は、心底ぐったりしますが
    その疲れが心地いい。
    圧倒的なエネルギーを感じる作品です。
    見応えのある物語を観てみたい!というときはぜひ。

     

  •  2012/01/07  投稿者:どいさん  おすすめレベル:★★★★★

    これぞ!舞台!!

    圧倒的存在感の上川隆也。
    完全なる悪の微笑みの堺雅人。
    レベルの違う殺陣で魅了する早乙女太一。

    女性の強さと弱さを美しく凛と演じる稲森いずみ。
    決してテレビでは見たことのなかった四人に釘付けでした。
    笑わせるところ、ストーリーに浸らせてくれるところ緩急が絶妙です。
    SPECIAL EDITIONでは殺陣の稽古シーンやインタビューもあって得した気分!
    お互いの印象を語っているところがそれぞれ個性が出ていると思いました。

     

  •  2012/01/04  投稿者:オレンジカラーさん  おすすめレベル:★★★★★

    切な過ぎる・・・でも、かっこいい!!

    「蛮幽鬼」劇場で観て、感激してDVDも予約購入!

    出演者の豪華さに加え、殺陣の迫力さに圧倒!早乙女太一さん、さすがです。キレに正確さに完璧で、思わず口を開けて見とれてしまいました。
    サジ役の堺さんの殺陣も素晴らしい。笑顔で切っていくとこなんて、本当に怖い・・・。
    違う意味のスマイルキラー!?

    今回はいつものいのうえ歌舞伎より殺陣シーンが満載と、恋愛が織り交ぜてあって、切なさとカッコよさのミックスでした。

    そして、お約束通りのお笑いシーンもたくさんあり、やっぱり橋本さんの担当なのね(笑)
    必死でセリフとアドリブを混ぜて言っているところなんて、汗だくの橋本さんみて、笑いました。よく、メイク落ちないなぁ、などと思いながら。

    しかし、一番の笑い処は、鳳来国の大王・右近さんが稲森さんを迎えにきて、あの甲高い声で「好きぃ、好きぃ。」と稲森さんの手を握りながら言うところは、劇場でも観客の皆さんが大笑いしていました。笑い、全部持っていきやがった!です。しかも、出演者の皆さんも笑っていたし(笑) 
    あういう、アドリブで起きる笑いは観ているこちらも楽しいし、何より、出演者が笑いをこらえているとこがまた、良いです。

    だんだん、ラストに向かうにつれ、殺陣も激しくなり、真実が明るみになってきたけど、やはり、最後の最後、上川さんが稲森さんに刺されて、稲森さんが刀を抜く途中に引き寄せて、抱きしめるシーンには、一気に涙が出ました。

    あの時、劇場では「あぁ。」とういたくさんの声が漏れて、周りを見ると、ハンカチで涙を拭っている人がたくさんいました。

    あの抱きしめるシーンが、本当に予想外で胸を撃ち抜かれた気分で、切なくなりました。
    「やられた!!!」と思いました。

    DVDで何回観ても、あのラストのシーンには胸が締め付けられます。

    まだ観たこと無い人は、是非、ゲキ×シネで観てみて下さい。
    特に、女性には心も目も潤いますよ☆

     

  •  2011/08/18  投稿者:OAKLEYさん  おすすめレベル:★★★★★

    さじという男

    蛮勇鬼、いいです。
    ストーリーもよし!
    迫力のあるすばやい殺陣よし!!
    出演者の演技もよし!!!
    で満足度高しです。
    その中で私は、今回、サジという男、堺雅人さんが一番印象に残っています。
    笑顔は、いつもの笑顔なのですが、今回は氷の微笑です。
    あの笑顔で躊躇なく人を殺す暗殺者を演じています。
    激しい殺陣もなんなく演じています。
    この作品、堺雅人さんの新たな一面、魅力を存分に味わえます。
    やはりゲキ×シネは良いです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:nicoccoさん  おすすめレベル:★★★★★

    これが、『蛮幽鬼』だ!!

    とにかく、とにかくこの作品が大好きです。
    『蛮幽鬼』に完全に心奪われてから、舞台、スクリーン、
    そして今DVDでまたこの感動を味わえることが本当に感慨深い!

    DVDを手にしたとき、
    ずっしりとした重みにここに『蛮幽鬼』が詰まっていると思うと、ジーンとしました。

    そして映像でも、舞台の持つ体感できるような生のエネルギーの迫力に劣らず、
    役者さんの表情や仕草、細かい演技にまた圧倒されました。

    新感線にしか出来ない物語の重厚さと、
    隙間隙間に差し込まれる笑いのバランスの絶妙さに
    楽しくてしょうがない場面もありつつ、
    演技だけでなく美しい殺陣に舞踊、歌まで!!
    いろいろな表情に魅せられて、
    俳優陣の全力が注がれていることが感じられ、
    こちらも全身で受け止められる、受け止めたい作品です。

    それぞれの思いに向かって思惑が絡み合いながら突き進んでいく、復讐の連鎖と、
    後に残る空々しさを感じさせる壮大な展開から、
    またたったひとつの愛に還る物語でもあって、
    それを一気に見せるように繰広げられる怒涛のラストシーンには
    ほんとうに鳥肌が立ちます。

    すべての登場人物が持っている矜持にグッと来ることは間違いないし、
    胸を締め付ける音楽にさらに切なさが増しました。

    特典映像も期待を超えてたくさん入っていて、ほんとうにうれしいです!!
    このDVDのパッケージがまた良いんだ!!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:HATOKOさん  おすすめレベル:★★★★★

    今までにない時代活劇!!

    鳳来国(ほうらいこく)、果拿(かだ)の国、狼蘭族(ろうらんぞく)……
    現実にはどこにも存在しないストーリーが、どうしてこんなに日本人の心に懐かしく、
    そして熱く響くのでしょうか。

    無実の罪で故郷から見放され監獄に閉じ込められた伊達土門(だてのどもん)、
    偶然かはたまた必然の巡り会わせなのか…謎の多い男サジ。

    二人をつなぐものは【友情】なのか?
    【復讐】という目的なのか…?

    内容も何も知らずにゲキ×シネで「蛮幽鬼」を観た衝撃はものすごくて、
    生の舞台を観れなかった後悔に、どーんと落ち込んでしまいました。

    上川さんのお芝居の太い声はどんな感情も乗せて客席に届きます。
    堺さんの言葉のイントネーションも魅力で、毎回違うものかもしれません。

    「蛮幽鬼」はとてつもない想像力を膨らませてくれるストーリーと、
    それをリアルにしてくれる素晴らしい役者さん達がたくさん出演されています。

    客演も劇団員も関係なく、大きな懐で新しいものを生み出していく
    劇団☆新感線はさすがです!!

    これは一度観ていただかなければ分かりませんので、
    ぜひぜひ多くの方に「蛮幽鬼」の世界観を味わっていただきたい☆

    そして何といっても芝居は生ものです。
    その一番新鮮な部分を冷凍保存したようなこのDVDは
    もう手放すことはできないでしょう!!(笑)

     

  •  2011/07/10  投稿者:空曜日さん  おすすめレベル:★★★★★

    100満点の舞台

    『自分の運命は自分で切り開け』

    それが、私が『蛮幽鬼』から受け取った一番のメッセージです。

    脱獄をしようとする土門にサジが叫んだ言葉。

    誰かが手を差し伸べるを待つのではなく、
    自ら考えて、行動をおこし、一歩踏み出す…

    サジに生きていく方法を教わった…
    …そんな気がします

    物語の面白さ、俳優さん達の演技の素晴らしさ、舞台装置の見事さ、
    どれを取っても、100満点の舞台が『蛮幽鬼』です。

    追伸
    サジ役の堺雅人さん目当てで買ったのですが、橋本じゅんさんと高田聖子さんにハマりました~(笑)

     

  •  2011/07/10  投稿者:一期一会さん  おすすめレベル:★★★★★

    何度泣けば・・・ 

    蛮幽鬼・・・
    舞台を二回観て、泣いた・・・。
    ゲキ×シネになると聞いて、三回観に行った。
    ゲキ×シネでも、タオル片手に泣いた・・・。

    DVD化されると知り、即予約・・・
    もちろん、special editionを購入。
    届くのが待ち遠しかった・・・。
    DVDでは、泣けないかなと思ってたら泣けた~。
    どんだけ、泣けば気が済むねんって位に涙が零れ落ちる・・・。

    クライマックスに流れる、一滴の愛・・・
    この曲が流れたら、私の涙腺大爆発。
    こんなに涙がでるのかって位に、止まらない。
    このレビューもサントラを聴きながら書いてます。

    蛮幽鬼・・・。
    笑いあり、涙あり・・・。
    三人の男の美古都への切ない思い・・・
    蛮幽鬼・・・
    このサイトのように、本当にイーオシバイです。
    舞台を観て良かった。
    ゲキ×シネを観て良かった。
    DVDを買って良かった。
    蛮幽鬼最高!!
    や・やばい・・・
    サントラ聴きながらなので、また蘇り涙が~。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ひらめさん  おすすめレベル:★★★★★

    共に生きてゆきます。

    舞台とゲキ×シネを観て、パンフレットを熟読し、台詞を覚え、
    どこで自分が泣くか確認済みでも、なおDVDはさらなる感動を与えてくれました。

    DVDですから、これまでとは違って、一時停止や巻き戻しはやりたい放題なのですが、
    やっぱり届いて1度目は一気に観ずにはいられませんでした。
    2枚目に取り替えるときのもどかしさったら!!

    舞台は一期一会。
    その臨場感が、生で観て感じた熱気の渦が、映像を通じてグイグイ伝わってきます。
    そんなすごい物が自宅にさらりと届いてしまったことに、今更ながら気づきました。

    2回目はもう少し冷静に拝見。
    役者さん方、皆さんの細かな表情・動きの完成度にあらためて驚きました。
    上川さん演じる土門、留学生であるとき、監獄島にいるとき、飛頭蛮であるとき、
    顔が違う!人が違う!

    堺さん演じるサジ、後ろにいる時も笑って、でも何かを見透すような冷たい笑顔。
    そして舞台が暗転する瞬間にぞっとする表情が!観られる場面が。
    鳥肌が立ちました。この瞬間が見えてしまうのですね、アップですと。
    すごいです。

    同じアップで、橋本じゅんさんのメイクもすごいです。
    「俺、変な顔やん」とパンフレットでコメントされていましたが、
    どんなメイクでもアップでも、じゅんさんの素敵さは変わりませんよ!

    DVDで拝見しますと、美術さん衣装さんの意気込みが感じられ、
    衣装、刀の鞘、髪飾りなどなど細部まで見逃せません。

    特に私が驚いたのはカツラです。
    役に合わせた絶妙な長さ・形で、その造形美!は、殺陣シーンでの激しい動きでも美しい。。。
    蔵人の髪の毛は・・、仁王像のごとく逆立っていましたが、
    亨さん、とってもお似合いでした!

    特典映像・築地散策ツアーでの「たいちきゅん」のお話、
    感動のラストを舞台袖で仁さんがまさかこんな風に観ていた!、
    そしてダブルタカヤのコント?、おもしろすぎです。
    ずっと気になっていた調部(を演じていた川原さん)のその後も知ることができて、
    とてもよかったです。

    最初に映し出される「蛮幽鬼」タイトルロールは恐ろしい復讐劇を予感させるのに
    最後に出てくる「蛮幽鬼」からは切なさと哀しさが溢れ出て見えました。

    そして、少しずつ何かが違っていたら、
    それぞれの生き方はもっと違っていたんじゃないか、と涙が出ました。
    こんな風に物語に心底感情移入できる作品とはなかなか巡り会えません。
    これらも演劇と共に生きてゆこうと思えました。
    出会えて良かったです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:きのこさん  おすすめレベル:★★★★★

    一番大好きです

    ワタシがこの作品に出会ったのはゲキ×シネです。
    スクリーンから次々と迫力ある演技がワタシの目に飛び込んできて、とても鳥肌がたちました。

    この作品をリアルタイムで生で見たい!と本当に思いました。
    もちろん、今でも思います。叶うなら、実現して欲しいです。(笑)

    ゲキ×シネを見に行ったあとも、また見たい!
    気持ちがおさまらず、DVDを購入させてもらいました。

    見れば見るほど引き込まれる、『笑・美・涙』すべてが詰まっていて何度も繰り返し見ました!
    見ていない方は、是非見て頂きたいです。

    ワタシのおすすめは、特にラストシーンの美古都の言葉です。
    一言に全ての誓い・土門たちへの想いが込められている気がしますし、
    この一言で周りの空気が一瞬に変わった気がしました。

    本当に最後まで瞬き出来ません!!

    特に、スペシャルエディションは、特典映像が満載で殺斬のシーンはもちろん、
    舞台裏の映像がとても興味深かったです。

    この感動を皆さんにも味わってもらいたいです!
    DVD一生大事にします!

     

  •  2011/07/10  投稿者:演劇番長さん  おすすめレベル:★★★★★

    復讐の虚しさ

    蛮幽鬼は「主人公が過去の友人たちへの復讐に燃えるストーリー」
    という感想を持っている人が多いと思う。

    しかし、この物語で最も大切なのは「復讐の虚しさ」である。
    何故ならば、主人公は最初自分を裏切った友人たちへの復讐心で活路を見出していく・・・、
    しかし、復讐を遂げていくうちに感じる絶望感や愛する人への嫉妬に似た複雑な心境・・・、
    様々なものが入り混じって最後まで自分の進むべき道に思い悩む主人公の姿がそこにあり、
    次第に「活路を見出す光」であった復讐心が「心に虚しさばかりをためていく闇」へと
    変わっていくのである。

    主人公が修羅となって「得たもの」と「失ったもの」、
    果たして主人公にとって本当に価値のあるものとは何であったのか・・・
    それをとても考えさせられるストーリである。

    以上、私が蛮幽鬼を観て感じたことを書いてきたが、
    この作品の見どころはストーリーだけではない。
    それは、何と言って役者さんたちの迫真の演技である!
    上川隆也さんの復讐心に燃える闘志!
    堺雅人さんの不敵な笑顔!
    稲森いずみさんの眩い美しさ!
    早乙女太一さんの華麗な立ち回り!
    そして、村木仁さんの・・・!
    言葉では説明しきれない才能あふれる役者さんたちの夢の競演が
    この作品のもう一つの見どころです。

    最後に一言・・・「蛮幽鬼をまだ観てない人は、必ず観るべし!」。
    観ないと、後悔しますよ!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:ゼロさん  おすすめレベル:★★★★★

    進化しつづける…

    DVDを観てまず、生で観劇出来なかった事を後悔…
    DVD購入を心に決めていたので映画館に足を運ばなかった事に後悔…
    そして、この素晴らしい舞台に出会った事に最大の後悔をしました。

    大げさではなく、他の舞台がかすれてしまう位面白かったです。
    まず感動したのは、毎度ながらのかっこ良くもキレのある殺陣。
    僕は早乙女太一君をこの舞台で初めて知ったのですが、
    凄いの一言速さ切れどれをとってもピカイチですね。

    そして、堺雅人さんや稲森いずみさんの絶妙な間と凛とした姿、
    上川隆也さんの言葉の重みと迫力に一瞬で引き込まれるました。

    毎回驚かされるのは、いのうえひでのりさんの舞台の進化。
    映像を使う事によって自然な場面転換(これは賛否両論あるでしょうが…)からはじまり、
    舞台と縦横無尽に使うにとどまらず、舞台が競りあがる事でさらに空間がひろがり、
    面白さもひろがります。 流石です。この舞台スタイリッシュでおもしろい。
    DVDだから何回もみれ、その度新しい発見があります。

    新感線舞台は人生観が変わる…………かも。

    最後にじゅんさんコール&レスポンス最高っす!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:ときじさん  おすすめレベル:★★★★★

    蛮幽鬼の持つ「熱」

    キャストの皆さんの名演技、衣装や舞台の美しさ、そして物語、
    すべてにおいて「熱」を感じる作品です。

    土門の復讐への熱、美古都の愛という熱、そしてサジの持つ冷たい熱……
    登場人物それぞれの熱がぶつかり合って紡がれる物語は、
    たまらない魅力と深みがありました。

    ダークでシリアスなシーンに息を呑み、
    新感線らしさ溢れるコミカルなシーンに笑い、
    迫力ある殺陣に瞬きを忘れる。

    そんな風に繰り出される「熱」の程良い温度差に引き込まれ、
    気付けばどっぷりと蛮幽鬼の世界に浸かっている自分がいました。

    心地良い「熱」に拍手!

     

  •  2011/07/10  投稿者:瑞樹さん  おすすめレベル:★★★★★

    劇場で観て、絶対買うと決めました!

    上川さんの迫力に圧倒され。
    稲森さんの気高さに心奪われ。
    太一君の美しい殺陣に魅了され。
    堺さんのあの笑みで人を殺す姿に瞬殺され。

    堺さんの微笑みは、こういう役が絶対似合うと思っていましたが、
    もうホントにハマりすぎてどうしようかと思いました。

    何故舞台を観に行かなかったのかと、すごく後悔。
    大好きな作品です!

     

  •  2011/07/10  投稿者:mizさん  おすすめレベル:★★★★★

    世界観に浸りたい時にはコレ!

    本編をみる前には十分な睡眠と食事をとることをおすすめします。
    なにせ観るのにとてもエネルギーがいります。

    凄まじい殺陣の数々、腹の底からこみあげるような熱を伴った台詞、
    どれを取っても役者さんたちが膨大なエネルギーを消費して演じているのが伝わってきます。
    それをみるのも生半可な覚悟じゃいけません。
    だって彼ら絶対にそのエネルギーをみる側から奪っていますから(笑)

    おそらく「ケーキと紅茶といっしょにどうぞ♪」な作品ではありませんが、
    「一つの世界に没頭したい」時にはこれ以上の作品はないはずです。

    主役格の2人ですが、
    ともすると浮いてしまいそうになる堺雅人演じるサジの変幻自在な雰囲気を、
    上川隆也演じる土門の重みのある存在感が上手く引き止めていて、
    まさに絶妙の組み合わせなんです。

    そして殺陣の場面ではその2人やベテランですら食ってしまっていたのが、早乙女太一。
    これをみる前は「女形のヒト」くらいのイメージしかなかったのが覆されました。

    彼の流麗な殺陣は一見の価値ありです!
    これは殺陣というより剣舞だろ~ってくらいに美しいんです。
    一つ一つの動きが洗練されていて、髪の動きすらコントロールされてるのでは?
    と思ってしまうほどでした。

    また大王をはじめコミカルな役柄が、作品の重厚さに一息いれてくれていました。
    それもあって最初から最後まで一気に見てしまえる作品になってました!

    それでも重いものは重いんですが、
    それを乗り越えてでも繰り返し見たいと思わせられるんだからしょうがない(笑)
    これからもお休みの日などに気合をいれてみたいと思います!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:aosimaさん  おすすめレベル:★★★★★

    蛮幽鬼の感想

    本当は舞台で見たかったのですが、
    時間が取れなくて、やむなくDVDのみの観劇になってしまいました。

    見ていて引き込まれて行く自分が居るのをいつも感じています。
    今回の「蛮幽鬼」も、いつもながらの時代考証を良くされていて
    とても感心して観させていただきました。

    大局的には「あの時代はああだったであろう」
    そして「あのように考察するのも良いのかも・・」と思わせる脚本。
    本当に感心させられます。

    但、作品としてはどことなく「阿弖流為」とだぶって見えたのは、
    意図的だったのか無意識になってしまったのか。

     

  •  2011/07/10  投稿者:るりさん  おすすめレベル:★★★★★

    絶対買っておくれよ~!

    迷っているそこの君!!!
    蛮幽鬼を買っておいて損はないよ~!!

    みんなよかったよ~~~(TдT)

    早乙女太一くんの殺陣、
    堺雅人さんの狂気の笑顔、
    橋本じゅんさんのコールアンドレスポンス!!!

    これだけでも、観る価値あるんだから~~~~!!

    何度見たと思ってんだ!!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:つっちさん  おすすめレベル:★★★★★

    これだよなあ

    いやもう、毎度のことながら堪能しました。
    濃縮果汁200%、ぎゅっとしぼった仕上がり。
    ケレン味、殺陣のキレ、物語の奥行き。

    舞台・劇場ともに足を運べなかったので
    DVD化を楽しみにしてみましたが、期待どおり。

    余計な感想はいりませんねただ一言、これ、いい。
    未見の方、必見です。
    騙されたと思ってここは買い。

     

  •  2011/07/10  投稿者:いばいばさん  おすすめレベル:★★★★★

    どきどき、そして、せつない

    独断と、偏見の感想でもいいという事なので投稿します。
    稲森いずみさん綺麗ですね。
    実は昔、昔、その又昔にお付き合いしていた女性にどことなく似ているのです。
    あばたもえくぼ感はありましたのは、いなめませんが。
    劇場で観てドキドキ。DVDでもう一度観て切なくまりました。
    すみません。読んで損させましたね。
    ごめんなさい。その人には勿論ふられました。ざまあ見ろですね・・・
    ですが、稲森いずみさんの美しい姿観るだけでも価値あります。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ありすさん  おすすめレベル:★★★★★

    堺さん、最高!

    これまで舞台で拝見したことがなかったのですが、
    いや~~!堺さん、素敵過ぎました。

    こういう「実は、豹変」系のキャラって大好きなんんです。

    もちろん他のメインキャラも魅力的なんですが。
    高田姉さんとか、橋本さんとか、粟根さんとか。

    上川さんは主演キャラだし、太一君も美形だし。
    稲森さんもテレビよりチャーミングだし!
    山内さんも楽しそうだし。

     

  •  2011/07/10  投稿者:兎一さん  おすすめレベル:★★★★★

    蛮幽鬼、サイコーです。なんといっても、笑顔の殺人鬼・サジですよ~

    「がんばったね!」
    大大大スキな堺雅人さんに、この言葉を送りたいです。
    (たしか、大阪千秋楽のあいさつのときに圭哉さんにいわれてましたっけ?)

    破壊力バツグンの笑顔での激しい殺陣、さぞかし努力されたことでしょう…。
    体育2の堺さんにとっては、死ぬ思いだったのでは?

    堺さんて、狂気を秘めた冷酷無比な悪役がぴったりですネ。
    最近いい人の役ばかりだったので、うれしくなっちゃいました。
    惜春との対決シーンなんて、ゾクゾクしちゃいます。

    さて、本題のDVD化にあたってですが、

    *その1 じっくり、ゆっくり
    生の舞台では、ぜったいに観られないであろう迫力満点の表情が、
    家でコタツに入ったままで堪能できること!
    上川さんの流れる汗、稲森さんの美しい涙、じゅんさんの目力の凄さ。
    そして、衣装・照明・音響効果がどれだけ素晴らしいのかが、じっくり楽しめます。

    *その2 ウハウハ
    特典DVDでの舞台稽古シーンや裏話・千秋楽挨拶など、ウハウハでございます。
    俳優さんのちょっとしたしぐさや表情などに、ドキッとしてしまうのは私だけではないでしょう。

    *その3 布教活動にもどうぞ!
    ゲキ×シネの上映やDVD化の一番のメリットは、敷居が低いというか間口が広いことでしょう。
    あまりお芝居に興味がなかった友人にゲキ×シネをみせたところ、すっかりハマってしまい、
    5月には一緒に新感線の舞台をみにいくまでになり、観劇仲間の増殖に成功。
    家では子供たちにもDVDをみせ洗脳していますが、監獄島でサジが指で脳をえぐる殺人シーンでは、
    「堺さんが鼻フックで人を殺してる!!」と、なぜか大ウケ。(そりゃないぜ)

    このようにして(?)お芝居大好き人間を増やすため、日々地道な布教活動にはげんでおります。
    皆様にもぜひ、布教活動に利用していただきたいです。
    教訓:小さなことからコツコツと。
    祝・DVD化!!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:kintarouさん  おすすめレベル:★★★★★

    お待ちしておりました

    予約受付開始と共に注文して首を長くして待っておりました蛮幽鬼DVD。
    先ずはスペシャルエディションから…
    特典映像がてんこ盛りで役者サン達の素の部分を垣間見れたようですごく楽しめました。

    そして、本編。再びの衝撃です。
    冒頭の上川サンのナント爽やかな事。
    そして監獄島での狂気に満ちた声、
    また、教主としての優しさ溢れる静かな声、
    復讐の鬼と化した土門の表情…
    同じ人とはとても信じられない位です。
    非現実な世界と解っていながら引き込まれてしまぅ…
    まるで自分がそこに居るような錯覚さえ覚えてしまう。

    権力を手に入れようとする者、
    純粋が故にそれに飲み込まれてしまう者、
    復讐が全ての男、
    その男を利用する者、
    誤解が誤解を産み、翻弄されてしまう二人…

    そして、ラストシーンは圧巻です!
    知らず知らずの内に美古都と共に涙している自分が居ました。
    最後にやっと愛を確かめる事が出来たのですね。
    あまりにも悲しい。そして美しい…

    最高の役者サン達の最高の舞台です。
    劇団☆新感線って凄い!! 素晴らしい作品にまた巡り会いたいです!
    ありがとうございました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:蒼樹さん  おすすめレベル:★★★★★

    シビれます!!

    劇場で観た時から、DVDが出たら絶対に買おうと決めていました。

    ナマの迫力にはかなわない、そう分かってはいても、
    土門(上川さん)とサジ(堺さん)、二人の復讐鬼の表情をじっくりと鑑賞したいと思ったからです。

    その願いがこのDVDでしっかりと叶えられました。
    二人の演技のぶつかりあいにとにかくシビれました。

    前述のお二人以外の役者さんについても、
    舞台の際には気づけなかった細かい心の動きが手に取るように分かって、
    観る度に新しい発見があり、何度観ても飽きません。

    そして。spcial edition の特典ディスクには殺陣シーンの別編集バージョンも収録。
    これがまた、殺陣シーン好きにはたまりません。

    映画館での上映を踏まえたカメラワークと編集で、
    単なる舞台作品の映像化という枠を凌駕した作品に仕上がっています。

     

  •  2011/07/10  投稿者:じゅりさん  おすすめレベル:★★★★★

    やみつき

    DVDが届いた日に少しだけ観るつもりが、本編も特典も全部通しで観てしまいました。
    時間が経っているのがわからないほどに、魅入ってしまうお芝居です!

    出演されている皆様一人一人の個性が凄くありますが、
    前にあまり出過ぎないようにバランスがとれていて、
    全体的に見ても上手くキャラだち出来ていると思います。

    特典も、中身の濃いインタビューは勿論たいへん満足です!

    殺陣シーンも、殺陣好きには堪らなく、ふんだんに入っていて何回も見てしまいました♪
    舞台裏のセット早がえも、普段見れない箇所なので、とても新鮮☆
    築地の爆笑珍道中は、関西人の自分でも爆笑するほど面白くなってます!!

    このDVDは、本編も特典も病みつきになる事間違いなしです♪♪

     

  •  2011/07/10  投稿者:nightwalker.bさん  おすすめレベル:★★★★★

    ゲキ×シネクオリティ♪

    生舞台が非常に良かったので、購入を決意。買って正解。
    感動が蘇る…上に臨場感溢れるこの映像。

    1人の男の復讐劇だが、主人公だけでなく豪華なキャストによって、
    登場人物それぞれの「想い」が画面からもほとばしってくる。

    生の舞台の熱を凝縮して、肉眼では不可能アングル&アップ、カッコいいカット割りで、
    舞台なんだけど映画のよう…うん、スゴいよゲキ×シネクオリティ♪

    3時間もある大作だが、ちっとも長さを感じさせない。
    物語にきっちり骨太な芯が通っているので、お笑いシーンで横道に逸れてもブレない。
    逆に、そのお笑いシーンがあるから悲劇が際立つのかも。
    このふり幅の大きさも魅力。

    「復讐」とは?…
    サジ(堺雅人さんが珍しく黒い役で良い♪)と名乗る男の暗い野望、
    権力争い、国と宗教のあり方、秘めたる恋情を描き、最後の闘いでのカタルシス。
    ラストシーンは泣ける!良く出来てる!

    生舞台では確認できなかった役者さん達の表情、
    衣装の質感、小道具やセットなどのディテールが見られて新鮮。

    花道カメラが客席視点ではなく、舞台上から視点なので、
    これも疾走する役者さんたちの後ろ姿を捉えていてナイス♪

    上川隆也さんの眼力と汗!(笑)
    堺雅人さんの笑顔(ゾクッとするような怖い眼をしてたり)の使い分け!
    稲森いずみさんの涙の美しさ!
    橋本じゅんさんのメイクの凝り具合!(笑) 等いちいち楽しい。

    京兼惜春(千葉哲也さん)とサジ(堺さん)との執務室でのやり取りは見応えあり。渋い。
    それから刀衣(早乙女太一さん)の舞いのような美しい…しかも速い殺陣にうっとり。
    土門とサジの殺陣は編集で上手く、よりスピーディー且つ迫力のあるものに。
    かっこええー!何回も観てもいい。

    物語にどっぷり浸るもヨシ。
    好きな役者に集中して、表情や動きの細かい演技を楽しむもヨシ。
    お芝居、まさに独り占め…いつでも好きな時に好きなだけ、観られる幸せ♪DVD万歳!

    そしてスペシャルな特典ディスク♪内容盛り沢山…笑った。

    築地ツアー…どこのグルメ番組!(笑)
    ものすご美味しそうで、次回東京遠征のおりは絶対あの店に行く~♪と誓うほど。

    舞台転換の裏方の指示出し…
    こんなことになってるんだ!ほほう。緻密で絶妙…スタッフのチームワークの良さ、
    これがあるからあの蛮幽鬼の世界が成立するんだ…と感心。

    Wタカヤによるゲキ×シネ初日舞台挨拶、もう爆笑。ほとんど漫才(笑)や。
    収録感謝。お二人の衣装の違いにも注目(笑)

    隠しボタン…
    早乙女太一さんオススメのあのシーン!私なら絶対オチル!(笑)
    気になった皆さま、ご確認を。

    …というわけで、非常に楽しめた作品。オススメ♪

     

  •  2011/07/10  投稿者:ようてんさん  おすすめレベル:★★★★★

    日本酒がよく合う

    新感線の舞台は3度楽しめる。

    1度目は舞台で観たとき。
    生の迫力に圧倒される。

    2度目はゲキ×シネ。
    素晴らしい映像と音響で再び生の感動が思い出される。

    3度目はDVDで観たときだ。
    自分の部屋で、誰にも邪魔されずに、晩酌でもしながら見ると格別だ。

    ちなみに私は大体、Rシリーズはビール、いのうえ歌舞伎は日本酒と決めています。
    そしてこの蛮幽鬼は特別に日本酒に合う。

    土門の、サジの演技を肴に飲みさめざめと涙を流す。
    まさに至福の時だと思う。

    皆さんもDVDをお買い求めの際には日本酒を用意することをお勧めします。

     

  •  2011/07/10  投稿者:NATSUKOさん  おすすめレベル:★★★★★

    「観ろ。しかして戦慄せよ」

    「あの『モンテ・クリスト伯』が下敷きなら、面白くて当たり前」
    と観る前のこっちのハードルも高かったのだが、そのハードルを余裕で超える、圧巻の面白さ。

    愛と復讐、激しさとはかなさ、偽りと真実、そして個と国。
    さまざまなものが主人公の伊達土門/飛頭蛮(上川隆也)を焦点に交錯し渦巻く。

    それらを貫くきらめく縦糸のようなサジと名乗る男(堺雅人)の虚無的な笑顔。
    変わらないものを湛えながらも変貌してゆく、美古都(稲森いずみ)のたたずまい。
    他のキャストも、皆、それぞれに存在感が彫り深い。

    数々の殺陣も見応え抜群。
    特に刀衣(早乙女太一)の美しくなめらかな身のこなしは素晴らしい。

    遠い昔の物語ながら現在を思わせる何かがあり
    シリアスな展開の中にも笑えるところがあり
    重厚な人間ドラマとエンターテインメントがみごとに融合している。

    必 見 。

    特典映像もお得感満載で、ご馳走様!という感じ。

     

  •  2011/07/10  投稿者:takaさん  おすすめレベル:★★★★★

    衝撃!初体験!

    何気なく手にしたゲキ×シネ 蛮幽鬼のチラシ。
    何気なく見にいきました。普通の映画を見る感覚で。

    ところが、見終わった時、人生初めての「雷に打たれたような衝撃的なものを見た」感覚でした。

    とにかくすごい!しびれるんです!
    声・セリフ・殺陣・笑い・すべてが!

    何度もしびれる感覚に陥りたく、劇場に足を運びました。往復4時間かけて行った場所もあります。
    その蛮幽鬼が家で見れるんですよ!しかも好きな時に好きなだけ!

    3時間半なんてあっという間。

    絶対見て!絶対後悔しない作品だから!

     

  •  2011/07/10  投稿者:フルさん  おすすめレベル:★★★★★

    本当にサイコーです

    本当にサイコーです
    舞台も見に行き、ゲキ×シネも行きましたが、もっともっと見たくて待望のDVDも購入しました。

    悲しいお話に、上川さんの金髪姿の美しさは痛々しいくらい切なさを増し、
    笑顔で次々に人を切る堺さんの狂気も切なさを増強させ、胸を締め付けられるお話です。

    上川隆也さんと、堺雅人さんだけでも十分うっとりするのですが、
    更に早乙女太一くんの美しさと殺陣さばきは目を奪われるばかりです。
    美しい男性陣たちの殺陣さばきは何度見ても惚れ惚れします。

    ビジュアルだけ見ていても満足なのですが、復讐劇と言うストーリーの中に、
    人の醜さと、その中にある優しさや良心に、どんどん物語に吸い込まれていきました。

    もちろん、劇団☆新感線お馴染みの笑いと、舞台展開の素晴らしさも必見で、
    舞台なのに、テレビの映像切り替えのような場面展開には鳥肌が立ちました。

    更にスペシャルエデイションでは、劇団員さんの築地散策で劇団員さん達の素の顔が見れ、
    名脇役山本さん演じる蔵人についての素朴な感想にはめちゃくちゃ納得です。

    劇団☆新感線、蛮幽鬼を体験していないのは人生の楽しみを損している気がする私は、
    まだこれから蛮幽鬼を初体験できる方がうらやましい限りです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:はづきさん  おすすめレベル:★★★★★

    『蛮幽鬼』レビュー&プレゼント企画

    とにかく凄く編集が凝っていました!

    DVD化で気になる点と言えば特典映像だったのですが、
    内容が盛り沢山で飽きることなく楽しむ事が出来ました。

    本編も映画館で体験した迫力がそのままおさめられていて、
    且つコンパクトなので本当にDVDはイイコト尽くめ。

    特に築地ご褒美ツアーは涙を流して笑いました!

    舞台裏の映像は普段見たりすることが出来ないので
    キャスト、スタッフさんにしか分からない大変さが見たり聞けたりして、
    凄く得した気分になりました。

    その後に披露試写会を観るとまた涙を流して笑ったり。
    お得が沢山詰まった、ファンにとっては堪らないDVDとなっています!

     

  •  2011/07/10  投稿者:園咲さん  おすすめレベル:★★★★★

    異国の勇者はいかにして鬼となったか

    元は客席向けにつくられた舞台が考えぬかれたアングル、
    演出によって完全なる映画となっていました。

    内容の影響もあると思うのですが、アップの映像がものすごく効果的にくみこまれていて
    生観劇のときはみられなかった感情の機微がうかがえて、二度でも三度でもおいしい仕上がりでした。

    特に印象的だったのは、“友情”という言葉を口にしたサジの顔。
    サジは客席に背を向けていたので前方端席でないかぎり、あの表情はみられなかったと思うのです。

    惜春の「飛頭蛮」「土門」アングルもああいう切り取り方をされると
    惜春は全てを知っていたのね、という理解だけでなくて
    何だかものすごく含みがあるぞ、という受け取り方もできて、
    製作者側の“ココ見て信号”を受信するのは非常に楽しかったです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ありさん  おすすめレベル:★★★★★

    別物。

    舞台を見た時…心が震える思いと言うのを初めて体験した舞台でした。

    そして…ゲキ×シネDVDを見て…
    舞台の印象とあまりにも違っていたので驚きました!

    上川さんのあの”目ヂカラ”!!!
    すみません!2階席からではわかりませんでした!!
    そしてあの衣装の美しさ!!
    またもやすみません!2階席からではわかりませんでした!!
    物語さえ舞台を見た時とは違う所に重点が置かれて見えました。

    舞台はライブが一番!と思っておりましたが…
    優劣ではなく…ゲキ×シネは舞台とは別物でした…。
    脱帽です!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:オフィーリアさん  おすすめレベル:★★★★★

    絶対!スペシャルエディション♪

    毎回ですが、ゲキ×シネで感激したので、即!予約しました。
    もちろん迷わずスペシャルエディション♪

    ちょっと、ネタバレですが~
    大好きな川原さんが、開演後数分で、あっさり死んじゃったので・・・
    とても残念だったのですが~
    特典映像で大満足♪
    川原さんファンの方~面白い事になってます。

    『SHIROH』といいホント有難うございます♪
    他の特典も出演者の方の思いがとても伝わってきますし、美味しそうだったりと見応えバッチリです。
    (特に隠しボタンはヤバイです。。。)

    本編は、早乙女太一君のハンパない殺陣や踊りの美しさはヘビロテものですし、
    堺さんの笑顔でバッサバッサやるギャップも◎
    又、主演の上川さんをはじめ、他の客演の方も豪華でステキな方ばかりですが、
    劇団員の方のお仕事も見逃せません。

    私は、今回、大王(おおきみ)と牛くんがツボでした(爆)
    何回見ても吹き出します。。。

    お芝居が映像化ありきで作られてると思うので、暗転も映像が多用されてて展開も早く、
    お芝居自体は長いんですが一気に観れます。

    本編をより楽しむためにもスペシャルエディションをおススメします♪
    あ、もちろん!先に本編を観てから特典映像にいってくださいね~♪

     

  •  2011/07/10  投稿者:Foxさん  おすすめレベル:★★★★★

    大変素晴らしい作品です!

    2009年舞台を上演した時、日本に居なかったため見れませんでした。
    後で情報を知ったとき残念な気持ちいっぱい、いっぱいでした...
    そして薔薇とサムライの舞台を見に行ったときいち早くゲキ×シネのチケットを購入しました。
    待ちに待った劇場での観劇を二回を経って、やっとDVD発売日が来て、じっくり鑑賞することができました!

    見る度に血を騒ぐ、特に最後に向かって俳優さん達の演技、毎回魅了されます!
    DVDだと以前気づかなかった細かいところまで見せてくれて、
    舞台上みんなの表情ももれなくじっくり見ることができ、
    おまけに特典映像付きで、大変満足しました!

    劇団☆新感線のファンであることがいつも誇りを持ってます。
    これからの薔薇とサムライもますます期待度を高めています!!

    ちなみに、私は外国人なので、変な日本語が出てきたら許してください。
    とにかく感動をいっぱい与えてくれた新感線の舞台、ゲキ×シネそしてDVDに心から感謝しています!

     

  •  2011/07/10  投稿者:funnycatさん  おすすめレベル:★★★★★

    何度見てもおもしろい!

    生舞台は東京4回、大阪2回拝見しました。ゲキ×シネは試写会2回、本上映2回拝見しました。
    そして待ちにまったDVD、ワクワクしながら再生しました。

    最後は判っていても、同じところで笑い、同じところで涙しました。
    文句なくおもしろいお芝居です。

    DVDが生では観ることができなかった細かい動きや舞台設定も見ることができて、
    別なおもしろさがありました。
    毎晩見ることができて幸せです。
    お宝DVDとなりました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:まむさん  おすすめレベル:★★★★★

    役者の彩り鮮やかな…

    とにかく、表情の細かい仕草と全体像を交互に感じられるカメラワークに驚かされます。
    何より、役者の一人一人の存在感をハッキリと浮き立たせていて、
    全てに圧倒されるDVDだと思います。
    舞台に上がってる役者全てが彩り豊かで鮮やかに咲き誇ってる…そんな印象がします。
    この人達を支えるスタッフワークも最高だと思います。

    Special Editionは様々な角度からこの蛮幽鬼を感じられるので、
    ものすごく濃密な満足度があります。

     

  •  2011/07/10  投稿者:朔月さん  おすすめレベル:★★★★★

    特典版が可笑しくて!

    スペシャルエディション。特典版が可笑しくて可笑しくて!(笑)

    築地散策は芝居前に行くもんじゃないような…(笑)
    あんなにお腹いっぱい食べたら、ステージではさぞや苦しかったことでしょう。
    それと、試写会挨拶のWタカヤ!(笑)
    “稼いでない方のタカヤ”さんのあの格好…
    ド・オレンジのハーフパンツが目に焼き付いてしまいました。(苦笑)
    せめてスーツ着てください。(汗)

    本編もアップ多用で、“稼いでる方のタカヤ”さんが
    どれだけ大汗かきながら芝居してるかがよく判りました。

    そして、笑顔の暗殺者サジの堺さんが時折見せる真面目な表情が、
    『常に笑顔』と思っていただけに意外でした。

    最後に、当時18歳にもかかわらず、ピカイチの存在感を持っていた早乙女太一君!
    綺麗でした。舞いも殺陣も流れるようで…。

    裏話で、剣を落としたことがあると聞いて、さらにその後の立ち回りの様子を聞いて、
    あまりの舞台度胸に驚きました。
    その、剣を落とした回を見てみたかったです。

    また、何度も見ちゃいますね~(^^)v
    でも、劇場に足を運んで“生”を観るのが一番好きです。(^-^)

     

  •  2011/07/10  投稿者:hommeさん  おすすめレベル:★★★★★

    堺さん サイコー

    あの 笑顔・・・・
    サジの笑顔・・・・
    堺さんの笑顔・・・
    怖いくらいの微笑み
    新感線ファンでよかった

     

  •  2011/07/10  投稿者:おちょこさん  おすすめレベル:★★★★★

    高校生の勉強ストレス解消大君

    蛮幽鬼を母一人で見てきてからの娘の態度が怒りに満ちていて
    早くゲキ×シネでと思い、それを見た後の娘の怒り(やはり直に見たかった!)
    が増幅されたことにより(笑)DVDを待ち望んでおりました

    殺陣の素晴らしさを堪能でき、試験中にも関わらず繰り返し字幕をつけ、
    英語の勉強になるとうそぶきながら、見ています。

    特に大王のテンションの高いセリフを完コピして、母とだけ通じる面白さに、酔いしれています。

    試験が終わったら友達と鑑賞会をするのが楽しみです!

     

  •  2011/07/10  投稿者:まこりんさん  おすすめレベル:★★★★★

    悲恋の物語です。

    劇団☆新感線の作品を一度も見たことなかった私が、
    こんなにのめり込んで何度も見たいと思った作品が「蛮幽鬼」です。

    タイトルからどんな復讐劇かと思われるでしょうが、実は実は悲しい恋の物語です。

    しかし、いろんな「はかりごと」が絡まってうまくいかなかった恋。
    復讐という不幸なめぐりあわせの恋。
    16年目の一瞬に成就する恋。
    それがこんなに心を震わせ、涙を流させる。

    上川隆也の渾身の伊達土門、
    堺雅人のうすら笑いの殺人鬼サジ、
    早乙女太一の妖艶な太刀さばき。

    そして何よりこれほど女優力があったのかと思わせる稲森いずみ。
    ラストの表情がいいんです!

    ストーリー、配役、演出、どれをとってもこの作品は見る価値ありです!

     

  •  2011/07/10  投稿者:ごーてんさん  おすすめレベル:★★★★★

    泣けました…

    『蛮幽鬼』は舞台・ゲキ×シネそしてDVD観ました。
    DVDは特典ディスクを含め、何度観た事か…
    最初から最後までぐいぐい引きつけられて、あっという間の3時間半でした。

    一幕は笑い所もあり、ニ幕はラストに向けて泣けました。

    一幕で、演舞場の思い出作ったじゅんさんのコール&レスポンス楽しかったです。
    じゅんさんの大ファンなので、じゅんさんが出てくると、いつも何かやってくれるので楽しみです。

    伊達土門・飛頭蛮役の上川隆也さん見事でした。
    素直な真っ直ぐな土門から、復讐だけに燃える飛頭蛮に変わった時は、迫力があり凄かったです。
    最期は美古都の腕の中で、監獄島から解放され土門として死ねたのでしょうか(泣)

    サジ役の堺雅人さんは笑顔の中の悲しみが痛い位伝わって来ました。
    最後の飛頭蛮との戦いは胸が痛みました。
    それにしても、堺さんが体育2だったとは…そうは思えない程の殺陣、素晴らしかったです。

    刀衣役の早乙女太一さんは魅せる殺陣で華麗でした。
    刀衣が美古都に秘める想い、切なかったです。

    美古都役の稲森いずみさん、最初の少女の様な可愛らしさから、
    国を背負って生きていこうと力強くなる姿には、引きつけられました。
    最後の美古都の言葉に全ての想いが集約されているようで、涙・涙でした。

    特典ディスク、今回罰ゲームがなかったのは残念です。
    でも、インタビューでそれぞれの蛮幽鬼に対する想いが聞けました。
    ゲキ×シネの試写会の様子も観られて良かったです。
    他にも舞台の裏を見る事が出来たり楽しめました。
    が、もう一人復習者がいたとは…ふふふっ

    『蛮幽鬼』はストーリー・キャスト・演出・音楽…全てが素晴らしい作品です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:藍色さん  おすすめレベル:★★★★★

    寝ても覚めても・・・・・

    ゲキ×シネ「蛮幽鬼」を観てから、早4ヶ月・・・・・
    待ってました!!!

    CDを聴き パンフを見ては余韻に浸っていましたが、とうとう とうとう!!!DVD~~~
    あぁ~あの世界を自分の好きな時に堪能しまくり☆☆☆

    豪華舞台版のパンフ付きスペシャル版を頼んで良かったです~~~
    何故ならDVDが届いて暫くはすぐ観れない状態だったんです

    家族がたて続けにインフルエンザになって、看病と洗濯の山との格闘の日々・・・・
    なので3時間に及ぶ本編はなかなか見れず(^^ゞ

    だけど 豪華パンフ読んでは抱きしめて眠り
    スペシャル編のDVDを観てあの世界観に触れ
    家族皆 全快した日には、私だけの時間・・・・本編観まくり
    家族 あきれまくり\(^o^)/

    蛮幽鬼の世界がより深まるスペシャル版です☆

     

  •  2011/07/10  投稿者:ケンケンさん  おすすめレベル:★★★★★

    二度三度見たくなる芝居

    何故か、二度三度見たくなるお芝居です。

    多分私の波長にピッタリな役者(上川隆也さん)なのかもしれない。
    何か憎めない人柄、私はすごく共感を感じました。

    劇中で、10年間人を恨んでいましたが、
    少し長すぎた感じで、少し引きましたが・・・
    それ以外のストリーの展開は、すばらしいものが有ったと思います。

    (※以下一部ネタバレ)
    START→最後の殺陣シーン(上川隆也さん)と自らの剣で命を絶ったシーンが最高で、
    座布団10枚ものです。←END

    全編に流れる音楽が芝居にピッタリとマッチした芝居と思います。
    稲森いずみさん、早乙女太一さんもとても素晴らしかったです。

    蛮幽鬼を永遠に・・・

     

  •  2011/07/10  投稿者:つるにゃんさん  おすすめレベル:★★★★★

    惚れなおす。

    惚れなおす。
    なんて表現、おこがましいのですが・・・

    劇場で観たのが小さくなって家にやってくる。
    すごく好きな作品で、役者さんたちなのはわかっていても、スクリーン小さいしなぁ・・・
    ってちょっと思っていました。

    でも!
    どんなに小さな画面でも、やっぱり役者さんたちの気迫はガンガン伝わってくるし、
    裏方さんの仕事にも惚れ惚れするし、
    可愛らしい場面(特に特典映像)も、カッコイイ場面も沢山独り占めできて。。。。
    なんと巻き戻しても(表現ふるっ)観られる!!
    当たり前やけど!!

    なんかもう・・・新感線☆に関わっている人皆大好き!!みたいな気持ちになって、
    はー、なんか舞台観たいかも私!!みたいな一種の麻薬効果のある作品です。
    (たぶんワケがわからないですね)

    悲劇が苦手な私がなんで観たんやろうって思うような切ないラストなのですが、
    それ以上に「良いものを作ろう」って思うスタッフさんたち、役者さんたちの熱意や努力が詰まった、
    素晴らしい作品だと思います!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:みゅんこさん  おすすめレベル:★★★★★

    涙が止まらなかった(T_T)

    元々、出演者がお気に入りだったので期待していましたが、
    その期待を上回る感動をで、観終ったら涙が止まりませんでした。
    元々悲劇が好きな私ですが、今まで観たお芝居で1・2位を争う出来の良さでした。

    土門の怒りや憎しみ、美古都の悲しみや葛藤、
    サジがここまで非情な人間になるまでに背負ってきたであろう過去(想像の世界ですが)、
    そして刀衣の美古都への気持ちや過去、どれをとってもとても辛く悲しくて、
    だけどそこから目が離せない完成されたストーリー。

    とても印象深い作品として心に残りました。
    ストーリーの良さもさることながら、全体のまとまりもとても良かったです。
    そのストーリーをさらに引き立てる音楽のよさ。
    ストーリーとあいまって、登場人物の悲しみがとても伝わりました。

    公演を観に行った時にCDは買ったので、何度もリピートして聴きました。
    今度はDVDをもっと何度も観ようと思っています(o^-')b

     

  •  2011/07/10  投稿者:ぼたんさん  おすすめレベル:★★★★★

    私もスタッフ・・

    思いを書かせていただきます。
    舞台は四回拝見しましたが、DVDの発売を首を長~くしてお待ちしていました。

    舞台は勿論ですが、スペシャルの方の、舞台裏を拝見できたことが
    「私もスタッフ」と思えて嬉しさ倍増でした。

    「ワゴン、スタンバイ」「GO~」
    この響きに、画面で動かしているスタッフさんと同じ思いでした。
    役者さんたちもどのように出番待ちしたり・・
    本当に最高の企画と舞台本編と同じ位に嬉しい企画だと思いました。

    舞台は役者さんの細かい表情まで拝見出来て、あの日・・を思い出し、また また 涙 涙でした。

    追伸・・
    今はやりの遺言ノートに「蛮幽鬼をいれて」と書きました。
    ただ、まだまだ閻魔様が呼んでくれそうにもありません・・(はい)
    本当にありがとうございました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ミィシャさん  おすすめレベル:★★★★★

    何度観ても ゾクゾク!

    新感線が好きで上川さんが好きで観に行った「蛮幽鬼」。
    でも堺さんにやられてしまいました。

    舞台はストーリーを追うだけで精一杯。
    花道横だったので、上川さんが、堺さんが駆け抜けるたびふわっと風を感じて、うっふっふ・・・
    (大丈夫かぁ わたし・・・)

    なのでDVDを観てなるほどそうだったのか!と改めて感動しました。

    客席からでは解らなかったのですが・・・
    サジの狂った哀しい瞳・・・・観るたびにゾクゾクしています。
    DVDに感謝!!!

    堺さんの誕生日に観に行ったのです。
    カーテンコールでのサプライズ。
    できることならDVDに収めて欲しかった・・・です!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:勾陣さん  おすすめレベル:★★★★★

    価値のあるDVDだと思います。

    私は元々堺雅人さんの大ファンであるのと、
    某国営放送で劇団☆新感線の舞台を観ていたのが重なって、
    映画館にゲキ×シネを観に行きました。
    観たあとすぐにスペシャルエディションを注文しました。

    切なさ、躍動感に溢れた殺陣(堺さんの笑顔の殺陣に注目)、
    思わず吹き出すコミカルさ、全てに感動し、涙が溢れました。
    価値のあるDVDだと思います。
    願いが叶うなら、蛮幽鬼、劇団☆新感線を九州で観たいので博多座で再演して欲しいです

     

  •  2011/07/10  投稿者:JINさん  おすすめレベル:★★★★★

    悲しい話は、好きじゃなかった

    先に言います。蛮幽鬼って、悲しい話。悲しい話って好きじゃない

    せっかく舞台観るなら、ハイテンションなのがいいもん
    だから、五右衛門ロックは大好き!薔薇サムも大好き!
    元気でる!まさに活劇!

    そう思ってたとき、友人に「面白いよ」って誘われて観に行ったゲキ×シネ『蛮幽鬼』

    そこまでノリノリじゃない…というのが、正直な気持ち、だった
    そしてそれは、ぐるっと180°間違ってた

    気付けば、のっけから、瞬きしたくないくらいのめり込んでいて
    前半は、笑いと鳥肌の連続。権力争いも、企みすらも、どこかポップで滑稽に見える

    休憩中はとにかく、続きが観たくてそわそわ

    そして後半は、涙と鳥肌の連続
    じわりじわりと黒いものが、見惚れてしまう殺陣さばきにのって
    最後のどんでん返しへと向かってゆく

    全編観終わったら、震えてた
    登場人物、全員みごとに、それぞれの『正義』を貫いてた

    美古都の誓いで土門は救われたかな
    復讐の人生から解き放たれてサジは救われたかな
    大切な人の為に生きる喜びを知って刀衣は救われたかな

    劇場からの帰り道はいつも、ぐるぐるぐるぐる。そんなことばかり

    確かに、悲しいのに、「嫌だ」とは思わない。
    むしろ、心を捉えて離さない、悲しみ

    結果、劇場リピート3回。DVDも予約開始日に申し込んでました

    いまでもやっぱり、悲しい話はきらい。
    でも、「蛮幽鬼」は、好き、大好き!!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:愛媛産さん  おすすめレベル:★★★★★

    早乙女太一さんの殺陣に圧倒

    早乙女太一さんの殺陣に圧倒されました。
    カッコいい以上に、舞の様で綺麗で、早乙女太一さんの最後の台詞にぐっときました。
    最高に面白かったです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:まりゆきさん  おすすめレベル:★★★★★

    これぞ!!

    ゲキ×シネで観て何回でも観たいと購入を決めた蛮幽鬼。

    テーマ曲が流れ、いよいよ蛮幽鬼の世界が始まる。
    雨の様に降る流れ星、吉か悪か。

    上川隆也演じる土門の波乱の幕開け。
    友人を殺害したとぬれぎぬをきせられ監獄島へ幽閉。

    彼を助けた堺雅人演じるサジ。
    サジと出会った事で土門は『復讐』への思いを、より強める。

    祖国に帰った土門を待っていたのは、
    間違った宗教を広めたかつての友人であり土門を陥れた二人、
    そして大王の妃となった愛しい恋人。

    葛藤と復讐心で乱れる土門の心。
    はたして復讐は遂げられるのか?愛しい恋人と愛を確かめ合えるのか?

    迫る言葉、歌、そして迫力の殺陣。
    中でも初参加、若干18歳の早乙女太一の舞うように美しい殺陣は必見。

    舞台の臨場感に引き込まれるDVD。

     

  •  2011/07/10  投稿者:8さん  おすすめレベル:★★★★★

    宝物

    いつもイイオシバイのDVDは音楽の歌詞、セリフを覚えるほどに観まくってます!
    蛮幽鬼も例にも漏れず素晴らしい作品!

    上川さんは頭のいい、
    堺さんは繊細な、
    稲森さんは肌がきれいすぎる!
    早乙女さんは、大好き!!
    な俳優さん!

    ほんと、脚本、演出、俳優最高と三拍子揃った宝物です!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:まっぴーさん  おすすめレベル:★★★★★

    とにかくすごいっ!!

    普段、舞台を観に行けない方はもちろんですが、劇場でご覧になった方も大満足間違いナシですっ!

    本編の舞台は笑いあり涙あり。
    ストーリー展開も素晴らしいです。

    細かい表情まで観ることができるので、よりいっそう舞台を堪能できます。

    あと、特典映像の中でも私のオススメは、「舞台裏をのぞけ!」です。

    普段観ることができない舞台裏のスタッフさんたち。
    彼らの働きがあるからこそ、舞台がある。
    そのことを舞台裏のカメラは伝えてくれています。

     

  •  2011/07/10  投稿者:小春さん  おすすめレベル:★★★★★

    待ちに待ったDVD!!

    待ちに待ったDVD!!
    新橋演舞場で二度程観劇しましたが、あの時の感動が蘇りました。

    当時は目当ての俳優さんを生で拝見出来る事に感動し
    初めて観る劇団新感線の格好良さに興奮し
    DVDが発売されたら絶対買おうと心に誓ってました。
    もちろんスペシャルエディション!!

    改めて観るとかなり前の方の席で座っていんですが、
    それでも気づかなかった俳優さん達の細かい表情を間近で見る事が出来るし
    舞台と映画の良い所取りで凄く格好良い!!

    更に特典DVDも見応え充分でやっぱり買って良かった。
    私の宝物です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:Pさん  おすすめレベル:★★★★★

    稼いでる方のタカヤさん♪

    特典映像のゲキ×シネ初日舞台あいさつがツボです!

    ものすごく真面目な印象の“稼いでる方のタカヤさん”が、山内タカヤさんの爆笑コメントにつられて、
    思わず一緒にふざけてる感じがたまりません!
    きっと本当はおちゃめな部分もある方なんでしょうね。

    今度は舞台の上で、ハジケたWタカヤが観てみたい!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:かいりさん  おすすめレベル:★★★★★

    (NO TITLE)

    やっと来たッ! という気分です(笑)
    新宿の映画館に通った去年の秋~冬。
    何度も観たのに、改めてDVDで観るとまた新しい感動が…。

    特典映像も楽しめました。
    なかでも、隠しボタンの映像が最高(笑)

    あと、これ英語字幕が出るんですね。
    サジの台詞を英語で読むと、いっそうカッコいいです V

     

  •  2011/07/10  投稿者:みにゃさん  おすすめレベル:★★★★★

    盛り沢山

    盛り沢山な特典映像!!

    とっても楽しめました。
    ただ・・・
    アレを調部と言っちゃおしまいでは?(笑)

    川原さん好きの私としては嬉しい事でしたが、どうせならもっと長くやって欲しかったな。

    大王と美古都、浮名とサジのシーンの特集も欲しかったな。

    舞台裏は本当に面白かったです!!
    コレは色んな舞台でやって欲しいです。

    稽古風景、殺陣稽古も是非今後の作品で見せて欲しいです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:さきさん  おすすめレベル:★★★★★

    (無題)

    商品到着して直ぐに観ました。
    劇場でも観たのですが、何度観ていても素晴らしい作品です。

    ひとつの舞台を沢山の方たちが本当に精一杯、誠実に仕上げている姿勢に頭が下がるのと同時に、
    尊敬致しました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:You&Meさん  おすすめレベル:★★★★★

    惚れてまいました

    上川隆也さん、堺雅人さん、早乙女太一さん、
    めちゃめちゃかっこいいです。惚れました。

    本当の舞台がなかなか観に行けないので、ゲキ×シネが頼りというか、楽しみで楽しみで仕方ないのです。
    今回の蛮幽鬼は、私のゲキ×シネ歴では5作目でした。

    初めてDVDを買いました。
    何度も何度も見たい!!と思う作品でした。

    流れるような殺陣に目が釘づけになりました。
    稲森いずみさんの迫力には正直いって良い意味裏切られたというか、想像以上でした。(偉そうにすみません・・)

    特典映像は、通常見れないところがみれて、特典映像付きDVDにしてよかったです。


    一番お気に入りのショットは、大王が説教殿から立ち去る時の、下手から映した飛頭蛮の表情。
    カメラさん、偉い!
    また今から見ます。かなりヘビロテです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:あまみんさん  おすすめレベル:★★★★★

    上川隆也の汗に男の妄執を感じる

    上川さんの渾身の1作品。
    早乙女太一の芸術的な殺陣も、
    堺雅人の不気味な微笑みも、
    稲森いずみの清楚から清冽な女王への変化も、
    それはもちろんすばらしい。

    そのうえでやはり、
    上川隆也演じる復讐鬼のラストシーンは圧巻!

    上川隆也のあの大量の汗を男くさく感じるか、
    それとも魂の救済を感じ、キラキラ輝いていると取るか…。

     

  •  2011/07/10  投稿者:かしぃさん  おすすめレベル:★★★★★

    おいしいとこだらけの作品。

    元々新感線好きで、上川さん、堺さんが出るとなれば、舞台も見ないわけにはいかなかったのですが、
    泣く泣く諦めていたので、待ち望んでたDVD♪
    当然、スペシャルエディションで!

    内容は、ゲキ×シネで見ていましたけど、スクリーンより間近で見れるので細かい所まで楽しめました。

    何より、スペシャルディスク内の『もう一人の復讐者』や『隠しボタン』には、笑わせてもらったし、
    ゲキ×シネ初日舞台挨拶のWたかや氏によるトークも爆笑ものでした!

    本編は、上川さんの魅力が惜しげもなく展開されているし、
    華奢な稲森いずみさんからは想像が出来ない声にも驚かされて、早乙女太一くんの美しさに心うばわれ、
    千葉さんの悪い顔にゾクっとし、山内さんとじゅんさんには思う存分笑わされたり。
    堺さんの笑顔にこわくなったり。
    もちろん、随所で泣かされたり。

    復讐劇なので、決して手放しで喜べる結末じゃないですけど、
    場面場面毎に、見所があって本当に買って良かった作品です♪

     

  •  2011/07/10  投稿者:蛮幽鬼にどっぷり漬かりまくっている女さん  おすすめレベル:★★★★★

    もう最高です!

    発売日当日予約をしてたので当日入手ができました。
    既にゲキxシネで拝見させていただいておりましたので、内容はすべてわかっているのですが、
    DVDで自宅で一人で見れる。
    この素晴らしさといったら、もう何とも言えない至福のときを過ごさせていただきました。

    自分のお気に入りのシーンを何どもみることができるし、
    気がつかなかった細かいディテールまできっちりと見ることが出来る。
    内容も劇団☆新感線さん作品は何作も拝見させていただいておりますが、私の中ではダントツ一位です!

    「モンテ・クリスト伯」をベースに、劇団☆新感線テイストに仕上がった本作品。
    笑いあり、涙あり、殺陣の素晴らしさといったら口にだして言えないくらい。

    脚本もキャスト方達も本当に素晴らしい!

    メインキャストである、上川さんの汗だくになりつつも色々な意味でまっすぐな男。
    堺さんの笑顔の中にかくされた狂気。
    早乙女さんの美しすぎる振る舞い。

    その他の方々もベストキャスティング!
    もちろん村木仁さんの牛も含め(笑)

    お気に入りの役者さんがいらっしゃる方はもちろんいらっしゃらなくても
    是非是非一度見られることをお奨めいたします。

    SPECIAL DISCには、本作品のキャストの方の思い入れや
    ゲキXシネ完成披露及び初日舞台挨拶などなど本当に盛りだくさん。

    初日舞台挨拶では、上川さんと山内さんの抱腹絶倒の会話!必見です!
    村木よしこさん、村木仁さん、中谷さとみさんの築地散策ツアーも
    おいしいものをほおばりながら御三方が話されるお話が、普段では決して知ることができない話満載で
    こちらまでお腹がいっぱいになりました。

    ご予算の都合もあるかとは思いますが、できるならこちらを是非是非購入していただいて、
    ”蛮幽鬼”の世界にどっぷり皆さんに漬っていただきたいです!!

    本当にこのDVDを購入して損はなし!です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:瀧箕さん  おすすめレベル:★★★★★

    何度見ても新しい発見がある。そんなDVDです

    映画『阿修羅城の瞳』で新感線の名前は知っていましたが、
    「舞台に行くのはちょっと……」と気が引けていた私。
    そんな私を舞台に引き合わせてくれたのがこの『蛮幽鬼』でした。

    堺雅人さんに上川隆也さん、早乙女太一君に稲森いずみさんと豪華な客演に加えて、
    笑いと演技への追求が半端ない新感線メンバーの皆様。

    その場の空気を感じ、目で追うのに必死で、あまり脳みそで考えることが出来なかった舞台初体験だった私。

    ゲキ×シネでもう一度見直すことで、ようやく頭の中で整理して観劇することが出来ました。
    ここで、私は蛮幽鬼をきちんと理解したと思っていました……。

    ですが、改めてDVDで見直すと出るわ出るわ、ゲキ×シネでも見落としていた数々の発見が!
    何度も見返し、そして見返すたびに新たな発見が出来る、
    そんな素晴らしいDVDでした。

    特典も見事。
    築地散策は始終笑い、殺陣ばかりを集めた映像では目を見張り、
    舞台裏では「ナルホド、この動きがあるからこそ、新感線の舞台は成りえるのか」
    と感動を覚えました。

    通常版と特別版、悩んでいる方に、私は胸を張って、特別版をお勧めします。
    値段分の価値はあります。むしろ、それ以上の価値があるといっても過言ではありません。
    Wたかやのゲキ×シネ舞台挨拶は必見です☆

    DVDの良いところは、自分の見たいところをひたすらリピート再生できるところ。
    私は、大王のシーンをひたすらにリピートして、ずっと笑っていました。
    今なら、一人で大王、美古都、飛頭蛮、牛の役が出来そうです(笑)
    購入したあなたも、お気に入りシーンを覚えてしまうくらい、リピート再生してみてくださいね。

     

  •  2011/07/10  投稿者:いーたんさん  おすすめレベル:★★★★★

    舞台に行けなかった、ゲキシネに行けなかった

    もう2年前になる、絶対観にいきたいのに仕事の都合で観にいくのなら土日。
    舞台のチケットは倍率の高さからあっさり取ることは出来なかった。
    ゲキ×シネになった、観にいきたい。映画館が遠い・・・。
    ずっと待ってましたDVDがでるのを。

    上川さん×いのうえひでのりさんの「天保のシェイクスピア」も「SHIROH」も舞台で見ているんだ。
    期待してしまう。裏切らなかった。

    殺陣が、苦悩が、才能がそしてエンターテイメントに昇華されている。
    やっぱり、舞台で見たかった。
    あんなにゲキ×シネでかっこよくなっているなら、遠くまで映画館に足を運べば良かった。
    と後悔もする。
    でも、DVDになったから何度も繰り返し見ています。

    やっぱり、カッコいいよ、演出も俳優も。
    お目当ては上川さんでしたが、殺陣の流れるような美しさは早乙女太一くんに目を奪われました。

     

PAGE TOPに戻る


営業日について

2017年 9月
smtwtfs
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2017年 10月
smtwtfs
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
モバイルサイト

お支払い方法

お支払い可能一覧

セキュリティについて

SSLで通信を保護 当サイトでは、必要に応じてSSLで情報を暗号化し保護しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。個人情報の取扱いにつきましては「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • 初めてご利用する方へ
  • お買い物ガイド

Copyright(C)Village Inc. All rights reserved.