商品カテゴリー

みんなのレビュー

『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

『蛮幽鬼 -special edition-』DVD

 投稿者: 一期一会さん

蛮幽鬼・・・ 舞台を二回観て、泣いた・・・。 ゲキ×シネになると聞いて、三回観に行った。 ゲキ×シネでも、タオル片手に泣いた...

続きを読む…

送料無料

TEL

エントレ

トップページ > 『SHIROH』DVD > みんなのレビュー

お客様の声書き込み


レビュー数:20
おすすめLV:5.0

  •  2016/08/07  投稿者:涼暮さん  おすすめレベル:★★★★★

    10年たった今でも再演してほしい!

    再演希望!今でも声を大にして言えます。
    ふたりのSHIROHに出会えてよかった、心からそう思える作品です。

     

  •  2014/07/10  投稿者:Tomさん  おすすめレベル:★★★★★

    何度観ても泣けるんです(≧△≦)

    誰もが知ってる天草四郎のお話...
    ラストは観なくても、想像はつくと思います。
    しかし、何度観ても泣けるんです
    なぜ?!

    DVDをかけたまま、部屋の片付けをしてても
    泣けるんです(T-T )ウルウル

    中川晃教さんの声は男性と思えないくらい透きとおり
    女性以上の高音が出てます。
    上川隆也さんのあの心からの叫び
    胸に響きます。
    高橋由美子さんが思った以上に上手いんです!

    その他、色々と書きたい事があるけれど
    とりあえず、一度観てください!

     

  •  2014/01/31  投稿者:じゅんこさん  おすすめレベル:★★★★

    何度も観たくなる作品

    やっとSHIROHを観ることが出来ました。
    真田十勇士の舞台を観、上川さんの真田幸村の素晴らしさに感激し購入した次第です。
    上川さん目当てでしたがもう一人のシロー 中川晃教の歌声にはただただ感服しました。
    島原の乱をロックミュージカルにのせてどんどん物語が進み、終盤は引き込まれていくのが
    わかりました。この舞台 劇場で観たかった…どんなにかすばらしかっただろうと。

    主格の二人はもちろん脇を固めるキャストの歌唱力の素晴らしさ。お芝居の素晴らしさ。
    島原の領主の方 ハイテンションぶりがふなっしーを連想させる(笑)
    甲高い声でひゃーと駆け回る 好きです。

    ただどうしても上川さんが歌うシーンになるとちょっと安心して観ていられないかも。
    決して下手ではないし声はすごくいい。ただシローが上手すぎる。
    千秋楽の映像を見ても中川シローの独断場で、ちょっと所在なさげで主演なのに気の毒かな。
    二人がというよりみんなが歌える主題歌があれば対等に披露できるのにと残念でした。

    でも良かった もう一度観たい 今度は蛮幽鬼をゲットかな。

     

  •  2014/01/29  投稿者:気前のいい犬さん  おすすめレベル:★★★★★

    圧倒的な音楽のパワーを堪能!

    ゲキ×シネのレパートリー上映で久しぶりに鑑賞しました。
    やはり「SHIROH」は良いですね!
    豪華な出演陣とか、新感線初のロック・ミュージカルとか、色々な売りがある作品だと思いますが、
    そういう事は抜きにしてただただ一つの作品として見た時に、歌や音楽のパワーに圧倒されます。
    音楽劇とかミュージカルに偏見がある方にこそ見てほしい一本だと思う。

     

  •  2012/07/30  投稿者:瑞希さん  おすすめレベル:★★★★★

    一番のお気に入りです♪

    私が新感線にはまり、DVDをいろいろ見ていたら、上川さんファンの姉が買ってきました。

    この作品に出てくる曲は、私の好みにあっているのもあってか、ロックであるにも関わらず心にすっと心地好く響いてきます。

    ミュージカルということもあり歌の上手な方が多く(中にはあまり…と言う方もいますが…)
    その中でもやはりシローを演じる中川さんは素晴らしいです!!

    SHIROHで知って、初めて歌を聴いたのですが、すっかりその歌声に魅了されてしまいました!!
    透き通るような、でも力強く説得力のある声がすっと耳に入ってなじんでくるメロディに乗っかって直接心に届いてくる感じがします^^

    それとアンサンブル!!
    どのパートもしっかり聴こえてきて、とても綺麗なハーモニーは鳥肌立ちました!!
    曲によってですかソプラノが綺麗に上から重なって、よくこんな高い声出るなぁと、素人ならではの感想を抱きました(笑)

    そしてストーリーについては、やはり歴史に出てくる島原天草一揆をを元に書いているので、
    悲劇となっています。

    神の力を失った四郎の辛さや神の声を持つシローへの複雑な想いが、さりげない一言に現れていたりとそういう人間の心情などがすごくよく伝わってきます。

    特に最後に向かうにつれ大切な人を失った悲しみからのシローの心の変化や、行動、セリフは胸が苦しくなりました。

    やはりキリスト教に関わる話だからか分かりませんが、どこか神秘的なものを感じる作品でした。

    悲劇ではありますが、私は見終わった後気が沈むような感じはしませんでした。
    むしろ自由や普通の暮らしを求めて戦い抜いた二人のシローや3万7千人の力強さを感じます。


    今では私の1番のお気に入りのDVDとなっています^^
    それと同時にもっと早く新感線を知っていて、このSHIROHを生で観たかったと大後悔中(笑)
    ほんと、再演とかありませんかね??

    でも素晴らしい作品に出会えてとても幸せです^^

     

  •  2012/01/03  投稿者:さきやさん  おすすめレベル:★★★★★

    三万七千の魂がほとばしる、壮大な叙事詩。

    皆、「誰か」を愛していた。ひたむきに。
    だから、救いたかった。


    全てのシーンについて、全ての登場人物について、どれほど魅力的か、逐一語りたくて仕方ない作品。
    劇場で何度も見て、違う舞台を見に訪れた大阪で、大阪公演の当日券に並びました。
    DVDも数えきれないくらい見ても飽きない。
    これほどの作品には、そう出会えるものではないです。

    この物語は、悲劇です。
    しかしその悲しさ以上に、自由を求め行動を起こした人々の強さ、人々を導いたふたりの青年たち、彼らの溌剌とした命が眩しいのです。
    自由になれることを心から信じ、懸命に、理想を追い、恋し、迷い、守るために哀しみの結末へとひた走る。その全てが、燃えたぎる熱情の周りを爽やかな風が吹き抜けていくような清廉さに満ちています。悲劇だけれども、これは、己の信念のために命尽くして権力に闘いを挑んだ者達の青春譚です。

    シロー(中川晃教さん)の歌声は、神の祝福を受けた、なんて仰々しい言い方をしても言い過ぎでは、ない!すごい! 隅々まで潤い澄みきって心地よく、「人を操る歌を持つ少年」であるに足る、圧倒的な美しさで舞台を支配します。
    世間知らずな少年が、戦いのなかで大人になる、知るということへの苦悩を溌剌と演じています。
    かたや、過去に苦しみ、「持たざる者」になった自らを責める眼差しは憂い、声には懺悔と哀れみが陰を落とす、益田四郎時貞(上川隆也さん)。
    その歌声は想像以上に甘く、けれど胸を締め付けられるような切なさが漂っています。満ちているのは、傷を負ってなお決然とした清潔感。
    プレッシャーに戸惑いながらも、まばゆいばかりの力を持つシローに複雑な想いを抱いてゆく反目する感情、渇望された聖人・指導者ではない、一介の若者としての苦悩が、繊細な痛みを持って演じられています。

    二人以外の人物もひとりひとり、個性が色濃く丁寧に描かれ、彼らの意思、心の傷や迷いが、物語を一層厚くしています。ヒーローでもファンタジーでもない、一人の人間があがき生きた、それぞれの物語が重なり合って、「SHIROH」を創っている。


    またこの作品で欠かせないのが、アンサンブルの存在です。アンサンブルがこれほど「生きている」作品には出会った事がありません。感情豊かで力強く迷いがない。
    時に、強さの中に狂信的な恐ろしさをも孕んで、物語を動かしていきます。


    ミュージカルと言えば音楽。「ロック・ミュージカル」の名のとおり、大部分をメロディアスで骨太なロック・ナンバーが占めています。これが本当にカッコいい。カッコいいから聴き入ってしまうし、ノレるから一層物語とシンクロできて、どっぷりと世界に入り込める。台詞である歌詞も、すんなりと入ってきます。
    ミュージカルは、正直今でも苦手。でも、「SHIROH」は全く違います!

    壮大でドラマティックな本作ですが、新感線の大きな魅力である細かくキレのいいコミカルさ、ド派手な殺陣も健在。
    泣いたのと同じくらい、笑いました。じゅんさん、右近さん、吉野圭吾さん、腹筋が痛いです。

    絶妙な緩急と、丁寧に描かれた人々、疾走するストーリー。
    さらに素晴らしいのが、こんなにも盛りだくさんなのに、一切の食傷、退屈がないこと。
    スピーディなカメラワークはキャストの細かな表情の動き、場面を切り取っており、劇場では見えないもの、映画では感じきれないもの、ある種生々しい「人間の躍動」を存分に堪能できます。

    一流のキャストとスタッフを得た新感線だからこそのクオリティでしょう。


    命を燃やし尽くした彼らの歌は、「SHIROH」の物語は、“生きる”ことへの讃美だと思います。
    不安定で混沌とした今の世の中に捧げられた、賛美歌のような物語です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ひげ餅さん  おすすめレベル:★★★★★

    きれいな作品

    中川晃教さんの歌声がすきとおっていて心にひびく。
    上川隆也さんのまっすぐな演技に胸を打たれる。

    ストーリーも最初から最後までまとまっている。
    いろいろな意味でとてもきれいな作品だなと、最後まで観て思いました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:odorinさん  おすすめレベル:★★★★★

    大好きなDVDとなった

    登場している役者も皆好き
    曲調も好き(作曲がすばらしい)、歌も好き、特に中川晃教さんの歌声は心に響きます。

    この「SHIROH」DVDは、お気に入り度数が最上位になりました。
    なので、友達や後輩に見るように勧めています。

    今、後輩に貸していますが、その間自分が見れないので、自分用にもう一つ買いたいぐらいです。

    この作品のおかげで、新感線のファンにもなり、地元にゲキシネ上映がきたら、必ず見に行くようになりました。

     

  •  2011/07/10  投稿者:りあさん  おすすめレベル:★★★★★

    歌声は魔物の如く

    2005年9月2日。本公演を観られないままずっと気になっていた『SHIROH』と出逢った日のことは今でもよく覚えています。
    舞台は好きでいろいろ観ていましたし、中でもミュージカルはよく観るジャンルです。
    ですが『SHIROH』はそれまで観たどのミュージカルとも違っていて、観終わった時に「何かすごいもの観た私……」と
    椅子から立ち上がれないほどの衝撃を受けました。

    その日限りの筈が二回追加、最終日の最終回は当日券立ち見で観たほどで、
    即座に予約したDVDが届くのが本当に待ち遠しかったです。
    それ以来何度も繰り返しDVDを観、ゲキ×シネが上映されれば足を運んで通算二十回、
    五年間ずっと『SHIROH』を追いかけています。

    映画館では切ない終わりに毎回嗚咽をこらえるのが大変で(一度はこらえすぎて息を止めてしまって酸欠になったほどです)
    一方DVDはその心配がないのもあって何度観ても号泣してしまいます。
    その度に胸が痛くなって辛いのですが、しばらくするとまた観たくなってまさに無限ループ。

    合唱部に所属していたこともあって音楽が昔から好きだったためか、『SHIROH』を観ると
    音楽、「歌」の持つ力の強さを感じます。
    中川さんのシローが「歌声で人の心を操れる少年」という設定にぴたりとはまり、私の中で物語の説得力がいや増すのです。
    そして力を持たざる者になってしまった四郎の苦悩も。
    シローの歌声があったから切支丹軍は立ち上がり、そしてその歌声ゆえに彼らは悲劇の道を歩んだ。
    だからこそ彼らが愛しくてたまらず、魔物のような彼らの歌声に心を揺さぶられて何度も何度も観てしまうのです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:しゅんさん  おすすめレベル:★★★★★

    あぁ~やっぱりいい~

    SHIROH、今まで見たいろいろな作品の中でダントツにいい~!!!
    曲がいい!もう鳥肌もの!!役者がいい!
    だって上川隆也見たさに観劇した私ですが中川晃教の歌声に、美男子といわれている天草四郎の移り変わりに見えた。
    ただその当時風邪ひきで意識がもうろうとしていただけにDVDを購入したら、やっぱりいいの~
    でももう一度舞台で見たい作品です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:こえんざいむさん  おすすめレベル:★★★★★

    見てしまった・・・

    なんばパークスにて『SHIROH』を見てしまいました。ってか、観念して出会ってしまったという感じです。
    最初の10分足らずで、どっぷり浸かりました。寒くも無いのに手が震え、涙腺が身悶えする感じです。
    ゲキ×シネ特有の、演技者の方々ひとりひとりの、または固有の表情や空気を捉えるショットは毎度ながら本当にすばらし。
    それはともかく、切なく悲しいだけのお話ではないです。小ネタで済みませんが、これだけは譲れない~→植本潤さんの上川さんの物真似、江守徹さんが猫を抱えて現われる場面の絶妙なしっぽ使いは必見!
    世界一ソードアクションの似合う俳優・キリシタン目付け役の川原正嗣さんいつもいい仕事ありがとうございます・・・たぶんこのレビューはこれから見る人の役に立たないでしょうが、緩急自在のストーリー展開、観客の感情を鷲づかみにする楽曲、ぜひ見て下さい。
    あとひとつ、すべての登場人物が切り捨てられることなくしっかり描かれている物語性はすごいです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:さだぴーさん  おすすめレベル:★★★★★

    ミュージカルはどうも...と思ってるそこのアナタ!

    買いましょう。今すぐに。
    オープニングだけで、もう心は島原へ。
    日本オリジナルでここまで出来たのか!という驚き。ミュージカルへの妙な先入観など吹っ飛ばしてくれますよこの歌声は。
    誰の歌声かって?そりゃあもう色々あって書ききれませんてば。
    と・に・か・く 見るべし!!

     

  •  2011/07/10  投稿者:カルロスさん  おすすめレベル:★★★★★

    何度見ても良し!!

    正直言って「ゲキ×シネ」を映画館に観に行ったときは、「どうせ本物の舞台の臨場感には敵わないだろう」と思っていたのですが、インターミッションの頃にはすっかり「ゲキ×シネワールド」の虜になっていました。
    終演後、DVDをロビー販売していたのですが手持ちが足りなくて、帰宅後速攻でネットで購入しました。
    やはり良いものは何度観ても良い!!
    自宅で観てると細かいせりふ回しや役者さんの表情など何度も見返すことができるので、より感動できてgoodです。
    それに特典映像のアドリブコーナーは私の“ツボ”にハマりまくりました。
    まだ観てない人は即ゲットですゾ!!後悔することは決してありません!

     

  •  2011/07/10  投稿者:まっちゃんさん  おすすめレベル:★★★★★

    カメラワークに感動しました。

    この舞台は大阪の初日、楽日の2回見ました。そのときの感動をもう一度!と思いDVDを買いました。
    よく舞台中継や舞台公演をテレビ中継(某国営放送が多いですが)で見ると、退屈してしまって最後まで見られない私だったのですが、今回の分は全然違いました。
    最初から最後までいろんな位置にあったであろう、カメラで主演だけじゃなくアンサンブルの方たちまでの息遣いが見えてとてもよかったです。
    劇場でしか見られない映像もあったりしてとても楽しみませていただきましたし、俳優・女優さんの細かい演技も見れてとてもうれしかったし、これほど細かい演技を舞台でも見れる席で見たいぞ!!と思います。
    今後とも、いろんな舞台公演をすばらしい映像で残していただけたらうれしいです。

     

  •  2011/07/10  投稿者:にん!さん  おすすめレベル:★★★★★

    聖飢魔II信者も必見!必見!

    劇場では切ない印象が深かった「SHIROH」、DVDで見直して、そればかりじゃなかったと再認識しました。悲しくて切ないばかりじゃありません!!上川さんはかっこいいし、中川くんの歌は透き通っていて心に染み込みます。
    そして、聖飢魔II信者のみなさん(ファンのみなさん)LUKEさんはバックバンドだからって思ってませんか??とんでもない!!ちゃんとおいしいことになってますからぜひぜひ見て下さい。
    特に隠しボタンは要チェックです。一信者からのお知らせでした。

     

  •  2011/07/10  投稿者:セキネックスさん  おすすめレベル:★★★★★

    初めてのミュージカルでしたが

    僕はミュージカルを食わず嫌いしていた。
    その理由はおそらく多くの人が抱いているミュージカルに対する印象と一緒だと思う。たとえば「劇中に歌を歌う意味が分からない」とか「歌詞を聴き取れそうにないから、話の筋が分からなくなりそう」といったもの。
    それでも今回、清水の舞台から飛び降りるつもりで「SHIROH」を購入し、観ることにした。「新感線」ブランドを信じての大冒険だった。
    観始めると、オペラ等のミュージカルではなくロックミュージカルと言うこともあって、初めてのミュージカルをすんなりと受け入れることができた。
    「SHIROH」には設定上、「歌を歌う」理由があるし、歌詞の一言一言もセリフのように聴き取り易かったので、なんの違和感も感じなかったからだ。それどころか最後には興奮しすぎて涙がこぼれるほどにまで感情移入してしまった。
    魅力的なキャスト陣が放つ、匂い立つような個性と表現力のぶつかり合い。息もつかせない物語の展開。これだけでも充分に楽しめる舞台なのだが、それに上乗せされたミュージカルとしての爆発力が存分に楽しめる作品だと思う。個人の歌が持っている力、群集による歌の力、人間の感情を熱湯のようにグラグラと湧き上がらせる力がミュージカルには、「SHIROH」にはあると心の底から感じた。

     

  •  2011/07/10  投稿者:ひろりんさん  おすすめレベル:★★★★★

    オレも歌うぜ! 

    演劇にハマって観てこなかったジャンルがある。それはミュージカル!
    某ミュージカルに抵抗を覚えたオレもついに避けて通ることはできなかった。
    覚悟を決めて観たよ「SHIROH」を!
    観終わった後には、あの歌声に痺れ、酔いしれたオレがいた。
    オレはこの作品を観たことで2つ得たものがある。
    1つは、活劇とは異なる喜びを知り、ミュージカルも観に行くようになったこと。
    そしてもう1つは、中川晃教という刺激的な存在を知ったことだ!
    素晴らしい。あんな人がいるとは思ってもみなかった。歴史の授業を受けて、天草四郎と島原の乱を知らぬ者はいないだろう。
    史実と異なるのは、シローが二人いるということ。これで観る準備はOKだ!
    さあ、あの歌声に痺れ、酔いしれる時がきたのだ!
    今でも、ふとSHIROHの数々の歌を口ずさむオレがいる!
    迷わず買え!後悔はしないはずさ!

     

  •  2011/07/10  投稿者:にん!さん  おすすめレベル:★★★★★

    ひとっ飛び!(SHIROH~LIVE CD)

    1曲目の歌い出し、高橋由美子さんの一声だけであの劇場の中へ戻れる気がします。そしてここから悲劇へと向かって行くんだなあとすでに切なくなっていきます。四郎の苦難やシローの思いなどが1曲1曲に込められていて、CDを聴いていると言うより、頭の中で「SHIROH」を観ている気になります。
    儚い幸せの後の悲劇と奇蹟。過去の日本の話でありながら、今の日本に通じるようなそんな深い思いを感じました。観ていなくても、もしかしたら観ていない方が曲の思いを感じ取れるかもしれません。
    そういえば、主要キャストの中に1人だけCDの中に声が入っていない人がいます。(セリフも歌もありません。)さてそれは…買って確認してみてね。

     

  •  2011/07/10  投稿者:たかさん  おすすめレベル:★★★★★

    四郎とシロー(SHIROH~LIVE CD)

    感動のなかに笑いありの素敵なミュージカルの曲が満載です。

     

  •  2011/07/10  投稿者:フーガさん  おすすめレベル:★★★★★

    耳元でささやかれる歌声にクラクラ!?(SHIROH~LIVE CD)

    もう毎日のように聞いています。
    いつでもどこでも天の御子達にあえるっ!といった感じでしょうか(笑)
    長時間の移動などではSHIROHの世界に浸って、乗り物酔いなど何のその!です。
    耳元で役者さんの歌声に聞きほれながら、微妙ににやにやしています。
    傍から見ると変な人ですが、私は幸せです!!

     

PAGE TOPに戻る


営業日について

2017年 10月
smtwtfs
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年 11月
smtwtfs
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
モバイルサイト

お支払い方法

お支払い可能一覧

セキュリティについて

SSLで通信を保護 当サイトでは、必要に応じてSSLで情報を暗号化し保護しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。個人情報の取扱いにつきましては「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • 初めてご利用する方へ
  • お買い物ガイド

Copyright(C)Village Inc. All rights reserved.