送料無料

TEL

エントレ

トップページ >  中谷まゆみ  > 『今度は愛妻家』DVD

『今度は愛妻家』DVD

商品コード:ETDV008_01 公演期間:2001年11月~12月東京・大阪

日常だけどフツーじゃない、
ちょっとおかしな5人が織りなす
胸がキュッとするおはなし。

販売価格: 5,142円(税込)

[本体価格: 4,762円(税抜)]

在庫 : ◎

個数   購入する


レビュー数:3 件 おすすめLV:5.0
レビュー

スタッフからの見どころ

まだ観ていない人は絶対観て欲しい!(特に女性)
夫婦の愛、親子の愛、恋人への愛が切なく身に染みる作品です。

出演されている役者さんの演技はどれも素晴らしいのですが、特に愛らしくも寂しげな
池田成志さんの演技に後半は涙が止まらなくなりますので、必ずハンカチをご用意下さい。(関)

もっと深く知ることができる映像特典

※本商品には特典映像・特典音声などは収録されておりません。

ストーリー

男(池田成志)はかつて売れっ子カメラマン。
でも今や1年間仕事もせずにプータロー同然。

頭の中は女(真木よう子)へのエッチな妄想で一杯。
妻(長野里美)には、毎日人参茶を与えられ、
子作り旅行に行こうとせっつかれ・・・・ああ、妻がいなければ・・・。

助手(横塚進之介)はそんな男を心配し、お店のママ(高橋長英)も様子を見にやってくる。
けれどそんな助手も好きな女にはなにもできなくて、当の女は有名になることだけを考えていて、
お店のママは訳ありで過去の自分を手放した。

ダメな五人が織り成す、カラッと笑えてホロッと泣けるちょっとシリアスな物語。

解説

質のいい演劇を生み出している中谷まゆみ作、板垣恭一演出による
サードステージのショーケースシリーズ
ビューティフル・サンデイ』、『ペーパー・マリッジ』に続く第三弾として
新作『今度は愛妻家』を上演。

このシリーズの一番の注目は作品の質の高さ、密度の濃さがあげられる。
作の中谷まゆみは、

「生活をすることってのが、まず一番大事。
 誰でも考えているような、普通なこと。特別なことをしないとか、構えてやらないとか。
 日常的なものが一番大事。生活に近いことを書いていきたい。」

「ハッピーエンドが好き。現実ではありえないじゃないですか。
 一瞬ハッピーでも次の瞬間、地獄見たりするし。生きてる限り終わりがないし。
 その分、幕が閉じる作りごとでは、ほっとしたいと思っています。」(HPより抜粋)

と、第一弾『ビューティフル・サンデイ』のときに言っている。普通のこと、日常的なこと、
それを表現するのは実は一番難しい。

ただ舞台の上は現実世界とは違う、だからこそリアリティの中にもファンタジーは忘れない。
そんな中谷作品は、観る者を登場人物と同じ空気の中で肩肘張らずに過ごさせてくれる。
また、舞台という限定された時間と空間を共有する贅沢さ感じさせてくれる
板垣演出も特筆すべきことだろう。

出演者は、中谷まゆみ・板垣恭一のコンビと深く共鳴、
ビューティフル・サンデイ』『ペーパー・マリッジ』でも好演した長野里美。
様々な舞台演出作家による演劇に出演し独自の個性で観客を魅了する池田成志。
ひと目でその人生をうかがわせるような人物として舞台に存在する高橋長英。
美しい容姿から想像できない舞台度胸の良さで観るものを圧倒する真木よう子。
サードステージの新進役者、
TVドラマあっとほーむ(脚本中谷まゆみ)でも存在感をみせた横塚進之介。

そんな魅力的な役者陣で固めた第三弾となる『今度は愛妻家』について、
中谷まゆみは次のように言っている。

「恋愛の終わり、結婚の終わり、そして人生の終わり。
 形はさまざまですが、人は出会ってもいつか別れていく運命にあります。
 でも何度経験しても別れに慣れることはありません。
 乗り越えることも容易ではありません。
 それでも別れが訪れたとき、人は何かを選ばなければなりません。(HPより後略)」

『今度は愛妻家』の登場人物たちは何を選択するのか。
そんな中谷まゆみのメッセージが込められたこの作品を、
板垣恭一演出が舞台という空間にみごとに創出した。
レビュー数:3 件 おすすめLV(平均):5.0

みんなのレビューを読む

ほっこり  投稿者:スプレーさん     おすすめレベル:★★★★★
成志さん反則です!!  投稿者:さやさん     おすすめレベル:★★★★★
これは…  投稿者:まりっぺさん     おすすめレベル:★★★★★

商品仕様詳細

DISC: 片面2層 1枚
本編: 125min
音声: ステレオ
字幕: 英語
サイズ: 4:3
リージョン: ALL
発売元: ヴィレッヂ
(C)2003 THIRDSTAGE Inc.

公演情報

東京:2002年11月14日~11月24日/俳優座劇場
大阪:2002年11月30日・12月1日/近鉄小劇場
PAGE TOPに戻る


営業日について

2017年 5月
smtwtfs
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2017年 6月
smtwtfs
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
モバイルサイト

お支払い方法

お支払い可能一覧

セキュリティについて

SSLで通信を保護 当サイトでは、必要に応じてSSLで情報を暗号化し保護しておりますので、安心してお買い物をお楽しみいただけます。個人情報の取扱いにつきましては「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • 初めてご利用する方へ
  • お買い物ガイド

Copyright(C)Village Inc. All rights reserved.